1.5次会・会費制の結婚式場・披露宴会場を探すなら【1.5次会.com】

会費制ウエディング 1.5次会.com

ご招待ゲストについて

会費制で行う1.5次会。招待客においてもまだ参列経験が無いという方が多いと思います。
実際に招待されたとき、悩まれることや質問が多い点をまとめてみました。

会費以外にご祝儀は包んだ方が良いの?

会費制の1.5次会に招待された場合は、基本的には会費だけご用意いただければ問題ありません。
新郎新婦においても、招待客に負担をかけたくないという思いで会費制を選ばれているケースも多いので、恐縮されてしまうかも知れません。お祝いを別で用意しないと失礼にあたるのでは?というご心配はなさらずご安心ください。
新郎新婦は、招待客にこのようなお心遣いをいただかないような工夫として、ご招待状に「当日は会費制とさせていただきましたので ご祝儀などのお心遣いはなさいませんよう お願い申し上げます」という一文を加えておくと、良いでしょう。

会費はご祝儀袋に入れて用意するもの?

会費制の場合は、招待客から会費を間違いなく頂いているかを受付において確認いたします。よって、ご祝儀袋に入れていたとしても、受付の方が中身を開封し確認させていただく事になります。とはいえ、ご自身の財布から出すのもお祝いの場として見た目の印象もあまりよろしくはないので、封筒に封をせず入れておき、当日受付で払えば、スマートですね。またご祝儀制の場合と異なり新札にこだわる必要もありません。ただし、あまりにも折り目が付きすぎている場合などは、会費制とは言えどもお祝いの気持ちなので、気にしてご用意しましょう。

招待されたけれど急な欠席になってしまったらどうすれば良い?

招待され、出席としていた場合でも、急な仕事や体調不良でどうしても参加できないケースも出てきます。その場合は、必ず新郎新婦へその旨の連絡を入れるようにしましょう。新郎新婦は出席としている方のお人数で当日のお料理やギフトなどをご準備されています。連絡を入れるタイミングにおいては、会場側へのキャンセル期日に間に合わない場合、新郎新婦が欠席になられた方の会費分を負担をすることにもなりかねません。
開催直前の急なキャンセルになる場合は、後日でも会費は新郎新婦にお渡しするのがマナーになります。

参加するときの服装はどうすれば良い?

1.5次会は、カジュアルスタイルからフォーマルスタイルまで幅広く行う事が可能です。そのため開催する場所もカジュアルなレストランから貸切でパーティーが出来るゲストハウス、三ツ星レストランやホテルまで、スタイルに合わせて場所も様々です。
参加される場合は、開催される場所がどのような会場なのかを確認しておきましょう。カジュアルな雰囲気の場所であれば、男性はジャケットにパンツなど礼服のようなスーツにこだわる必要もなくなりますし、女性であればフォーマルなパーティードレスにこだわらず、ワンピースやシャツにスカートというような範囲まで可能です。
また、1.5次会では、新郎新婦側からパーティーのコンセプトに応じてドレスコードが設けられることもあります。 招待状に「平服にてお越しください」という一文が入っている場合は、新郎新婦もフォーマルを意識せず参加してもらいというお気持ちが含まれているので、上記のようなカジュアルテイストを取り入れてみると良いと思います。
カジュアルテイストでOKとは言ってもジーンズやTシャツはNGですので、気を付けましょう。
パーティーコンセプトに合わせて、「浴衣で参加してください」「白でコーディネートしてきてください」というような特徴のあるドレスコードの場合は、それに合わせた服装で参加してOKなので、あまりルールにとらわれずおしゃれを楽しみながら参加してくださいね。