1.5次会・会費制の結婚式場・披露宴会場を探すなら【1.5次会.com】

会費制ウエディング 1.5次会.com

会場決定までのポイント

1.5次会会場はいつまでに決めれば良いの?

1.5次会のパーティーを行う方はいつのタイミングで会場をご決定しているのでしょうか?
1.5次会を行った方の会場決定時期はこのようになっています。

4か月~6か月前・・・54%
7か月前以上 ・・・・34%
3か月前以下 ・・・・12%

(1.5次会.comウエディングカウンター調べ)

6か月前後でご決定をしている方が一番多く見受けられます。海外挙式やリゾート挙式の日程が決定した後、1.5次会の日取りを検討しようと考えられるケースが多いのも、1.5次会の特徴です。

会場見学の前に検討をしておくと良いポイント

実際にパーティーを開催しようと検討する会場を見つけ、会場の見学をスタートするのですが、会場見学の前に検討をしておくと良いポイントがあります。

会場選びについて
1) ご招待をする予定のお人数を検討する。
会場にはそれぞれ収容人数が設定されています。適した人数での開催が可能かどうかを検討するためにも見学前に招待人数をおおよそピックアップしておくことがおすすめです。
2) 会費設定の目安と自己負担のご予算の目途を立てる。
会場のご見学時には会場の下見だけではなく、具体的なお見積も作成をしてくれます。なかなかご自身で目途が立てづらい部分もあるかと思いますが、自己負担としてどの程度ご準備をすることが出来るかというおおよそのご検討をされておくと、よりご希望に沿ったお見積のご相談をすることが可能になります。
3) パーティースタイルを検討する。
1.5次会では、着席コーススタイル、着席ビュッフェスタイル、着席大皿スタイル、立食ビュッフェスタイルと、様々な スタイルで開催をすることが可能です。スタイルによっても、収容人数の変動、パーティーのイメージの変化がありますので、フォーマルさを大切にしたい、お料理を楽しんでもらいたい、カジュアルに楽しみたいなどでも良いので、イメージを持たれておくとより会場見学時のイメージが膨らみます。
パーティースタイルについて

会場見学予約時のポイント

ポイント①平均3~5件程度の会場をご見学されることをおすすめ!

会場を決定するにあたっては、平均3~5件程度の会場をご見学されることをおすすめします。
会場にはそれぞれ特徴も異なり、それに伴ってお料金なども変わってきます。見学前は、どれが自分達にとってベストなのか、イメージが湧きづらい部分もあるので、あまり固定概念で決めすぎず、「ここ良さそうかも?」と思える会場はなるべく実際に足を運んで見学をしてみましょう。


ポイント②「サイトから予約」もしくは「お電話で予約」を!

予約の方法としては、サイトから予約、もしくはお電話で予約のどちらからの方法を取りますが、急なご予約の場合は、お電話で予約をしてみた方が、スムーズに確認が取れます。
また、サイトで予約した際に、返信を早く且つ親切丁寧に対応をしてくださる会場は、安心ポイントのひとつになる目安です。これからパーティーの準備では自分達だけでは出来ないことも多い分、会場のスタッフの方にお願いをするケースも増えてくるでしょう。そんな時、レスポンスよく丁寧な対応は非常に重要になってくるのです。
ご都合によっては、急遽予定が調整でき、予約無しで見学へ行こうと思われる場合もあるかと思いますが、特に土日や祝日は、ウエディングの貸切等でご見学が難しい場合もあります。突然ではなく、予めお電話をしておくと、状況に応じたご案内をしてくださるので、事前のご連絡をおすすめします。

ポイント③当日がイメージ出来る実際のパーティー会場を見学!

会場では様々な相談会やブライダルフェアを随時行っています。まずは会場をゆっくり見学したい!という方は、実際のパーティー会場が見学できるという内容のフェアに参加してみたり、お料理にこだわりたい&会場決定前にその会場のお料理は試食しておきたい!という方は、試食付きのフェアに参加してみるのもおすすめです。
自分達が会場決定をする際に大切にしておきたい点が確認できるかどうかが、見学時の大きなポイントです。
例えば、実際の会場をしっかり確認しておきたい!という場合に、会場が見ることが出来ない日に見学をしてもイメージが湧かないという事になってしまうのです。
サイトでは、様々なフェアの案内がされていますので、内容をじっくりチェックをして、確認しておきたいことが叶えられる見学が出来るかを事前確認しておきましょう!

会場見学時に気を付けておきたいポイント

ポイント①どんなところを注意して見学すると良い?

見学する会場は、パーティー当日は招待客がここに招かれ、新郎新婦がおもてなしをする場になるのです。 そういった点からも、招待客目線で見学をしてみると良いでしょう。

  • 会場の清掃や整理整頓は行き届いているか?
  • 招待客が荷物などを預けられるクロークは用意されているか?
  • 新郎新婦の控室はもちろん、招待客が着替えるスペースや待合が出来る場所はあるか?
  • お化粧室は、招待客の人数に対して十分か?
  • 招待しようとする人数に対して、パーティー時のレイアウトは十分か?(狭すぎる、広すぎる等)
  • 映像を上映する際に、どの位置からも十分ご覧いただく事が出来るか?
  • スタッフの方が気持ちの良いサービスをしてくださるか?

また、新郎新婦自身がパーティーを開催するにあたって気持ちよく準備を進めるためにも、たとえNGな事があったとしても、別の提案をしてくれるなど柔軟に対応をしてくれるかどうかという点も、重要だと思います。

ポイント②見積はどのように作成をしてくれるもの?

見学時には、新郎新婦おふたりの要望をアドバイザーさんが細かく聞いてくださり、それに応じて作成をしてくださいますし、こちらから作ってください!と強く求めなくとも基本的には作成してくれるので安心してください。
見積は、お金に関する事なので、分からない部分や不安な点はあまり遠慮をなさらず、色々聞いてみても大丈夫です。また、1.5次会を行うのに適したプランや、期間限定のお得なプランなども充実している会場も多くありますので、有効活用してみると良いでしょう。
予算にかなうかどうかも大切ですが、例え多少予算オーバーしたとしても、そこに納得感があるかどうかだど思います。そのためにも、じっくりお話を聞いてみて、相談をしてみてくださいね。

ポイント③日程は見学時に決定しなくてはいけないもの?

パーティーの日程に関しては、日々変動をするものなので、見学時には空いていた日程も、日が経過すればするほど埋まってしまう可能性が高まります。見学をした時に悩まれるポイントは、とても気に入ったし、希望の日程も今なら空いている!でもどうしても見ておきたい会場がまだあるし、、、、見積もりをもう一度家に帰って見直したいし。。。。等だと思います。
そんな時は、気兼ねなくアドバイザーさんに相談をしてみましょう。会場によっては、既定の期日まで日程を抑えられる仮予約という制度もあります。仮予約が出来れば、検討期間中も候補の会場を抑えておくことが出来るので安心して会場の検討が出来ます。基本的には仮予約期間中は、キャンセルをしたとしてもキャンセル料はかからない事がほとんどですが、会場によって規定は異なりますので、必ずご確認ください。
仮予約の制度がない会場の場合はどうすれば良いでしょうか?そういった場合でも焦らず冷静に一度考えてみましょう。

・雰囲気は?
・おもてなしするにあたっては?
・お料理は?・予算は?、、、、

自分達が求めるものが十分叶えられると納得が出来るのであれば、それが会場を決定するタイミングです。

会場決定時に気を付けておきたいこと

内金(申込金・予約金)ってなに?
会場を正式に決定することとなれば、その会場と契約を結ぶことになります。その際には申込書への記入や内金(申込金・予約金)の入金が必要となってきます。これは、パーティーの総額から前金として入金をするものであり、パーティー総額支払い時には、この前金が充当されます。金額は、会場によっても異なりますので、確認をしておきましょう。
申込をしたあと、キャンセルや日程の変更をしたい場合はどうなる?
正式な申し込みをした後、キャンセルや日程の変更が発生した場合は、キャンセル料や変更料が発生してきます。
キャンセルや変更の申し出をした時期が、パーティー日から何日前なのかによっても、料金のパーセンテージが異なってくることがほとんどですので、万が一このようなケースが発生した場合は、早めに会場の方とご相談を進められると良いでしょう。
会場のご利用規約に設定されている内容なので、申込時に必ず会場の方へ確認をしておきましょう。