結婚お披露目会の費用の特徴は?会費制1.5次会にするメリット

[公開日]2018.10.15 [最終更新日]2019.07.23

結婚お披露目会の費用©Foto2rich – shutterstock.com

家族や親しい人と国内・海外リゾート挙式の後に、カジュアルな結婚パーティ「お披露目会」を行うカップルが増えています。人気の理由は費用を抑えながらきちんと結婚式としてパーティを組み立てることができる会費制1.5次会スタイルの選択。費用も準備期間も節約してもう一度結婚式ができるお披露目会のメリットとは。

カジュアルな結婚式「お披露目会」で会費制1.5次会が多い理由

海外リゾートや国内の神社・教会で身内だけのあたたかい挙式や食事会を行った後に、挙式に招待できなかった親しい方々を招いて披露宴を計画すると、2回結婚式を計画するのと同じぐらい大きな費用がかかります。少し前までは挙式と別日にゲストを招いて結婚パーティを行いたいと考えた場合は、本格的な披露宴か二次会を行うしか選択肢がなかったのです。ですが、ここ数年で披露宴と二次会の中間スタイルと言える1.5次会ウエディングを選択し、二人の挙式後の晴れ姿をゲストに披露する「お披露目会」が挙式後パーティとして主流になってきました。

1.5次会とは披露宴と二次会の中間スタイル

1.5次会ウエディングとは、披露宴より華やかすぎず、二次会よりもきちんとしている、カジュアルでアットホームなパーティスタイルの結婚式のことです。プログラムの内容は披露宴同様ケーキカットやセレモニーを入れて、きちんと「結婚式」としての体裁を整えることができるため、海外の結婚パーティに近い雰囲気があります。
現在の披露宴スタイルのように型にはまった形式を取り払って、予算に合わせて食事スタイル(着席・立食)を選びます。パーティの内容も二人の考え方で披露宴寄りにすることも二次会寄りにすることも可能です。

会費制にするメリット

1.5次会ウエディングのスタイルは会費制かご祝儀制かを選ぶことができますが、お披露目会では多くのカップルが会費制を選びます。というのも、ご祝儀をいただくとゲストは二人との関係性で相場の30000円からそれ以上を包まなければなりません。ですがお披露目会は親族らと一度挙式を済ませた後のアフターパーティです。招待ゲストは友人や同僚など比較的カジュアルな関係性が多いため、気兼ねなくパーティを楽しんでほしいと金額的負担の少ない会費制を選択するようです。

パーティ準備期間の短さにも要注目

お披露目会をカジュアルな会費制1.5次会スタイルにすることで、パーティの準備量を披露宴に比べ大きく減らすことができるというのは大きな魅力の1つです。お祝いを頂かないので、準備で特に気遣う席次や引き出物などが基本必要ありませんし(プチギフトは必要)、決め事が少ないので短期間に準備が進みます。海外やリゾートでの挙式は、旅行の準備と並行して帰国後のパーティの準備を行うため、新郎新婦二人の負担を軽減できるのです。

お披露目会の費用と予算の考え方

お披露目会の費用と予算©Greg Brave – shutterstock.com

お披露目会は会費制の1.5次会ウエディングスタイルにすることが多いため、一般的な結婚式の相場より費用を抑えて計画することができます。

お披露目会の費用相場

一般的な結婚式の費用
披露宴の平均費用・・・324.4万円(平均ゲスト数約70名)
二次会の平均費用・・・ 約35万円(平均ゲスト数約50名)

会費制の1.5次会ウエディングのパーティスタイルを選択すると、ゲスト数が同じで二次会ではなく結婚パーティとして体裁を整えたとしても、費用の相場は披露宴の半額前後を目安に計画が可能です。

データ参照:リクルート ブライダル総研 結婚トレンド調査2017

お披露目会の予算の考え方

お披露目会の予算を考える場合、会費制にすることでゲストからいただく金額がはっきりとわかるため、自己負担が見えやすいというメリットがあります。
ご祝儀と違って、会費の設定金額でゲストにパーティの規模やフォーマル度が伝わるため、装飾や演出などにそこまで費用をかける必要がないのです。二人が負担できる範囲で、衣装や装飾にどのくらいお金を使うか、予算が立てやすいというのが大きな特徴です。

お披露目会パーティを開くのに必要な費用

お披露目会では、新郎新婦の考え方でどの程度のフォーマル度のパーティにするか、演出内容を決めることが可能です。一般的な披露宴に近づけようとすればその分演出・装飾費用も高くなりますが、演出の種類と装飾を厳選するとパーティのテーマがはっきりしてゲストにもアットホームな空気が伝わりやすくなりますし、費用を抑えることが可能です。

ゲストの飲食代・ギフト代

お披露目会の会費金額はゲストの飲食代・ギフト代が目安です。会費制結婚式では、ゲストにかかる費用をゲストに負担してもらう考え方なので、会費で料理・飲み物・お礼のギフト(プチギフトなど)をまかないます。それ以外にかかるパーティの費用を二人の自己負担でまかなうため、結婚式の費用で予算を考える場合、自分たちの自己負担に見合った衣装や装飾を選べばいいのです。

お披露目会に最低限必要な費用項目

お披露目会を結婚パーティとして成立させるために、次のような項目が必要になり、それぞれ費用がかかります。各項目の費用代金は会場の人気やフォーマル度によって上がりますが、新郎新婦の工夫や考え方次第で、この項目のみで結婚式として成立させることが可能です。

【基本的に必要な費用】
・ゲストの料理、飲み物(会費)
・ゲストへのギフト代(会費)
・会場使用料
・新郎新婦衣装代
・ヘアメイク、介添え代
・装花・ブーケ代
・音響・プロジェクター

お披露目会のプログラム内容によって必要になる項目

お披露目会の内容をより通常の披露宴に近づけたいと考えると、次のような費用が必要になります。

【パーティを演出するため追加する費用】
・プロ司会者
・写真・動画撮影
・お色直し用衣装
・ウエディングケーキ
・演出、余興用費用 など

お披露目会を会費制1.5次会にする費用メリットと予算まとめ

挙式とお食事会は親族・身内や年配の方とフォーマルに行い、挙式後の結婚パーティは親しい友達とアットホームに…そんな夢を合理的にかなえられるのがお披露目会です。実質2回結婚式を行う形なので、費用・準備とも二人の負担は大きくなります。ですが、お披露目会を会費制1.5次会ウエディングのスタイルにすることで、費用と準備時間を抑えることができますし、結婚パーティとして華やかさと体裁が整います。会費制と1.5次会の特色をうまく生かして、理想通りの素敵なお披露目会を計画してください。

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す