夜の結婚式で知っておきたい、お呼ばれゲストの髪型&服装マナー

[公開日]2019.02.21 [最終更新日]2019.11.27

イブニングドレス© iStock.com/Orbon Alija

結婚式にお呼ばれしたときに考えることは髪型と服装になると思います。お昼の結婚式は招待されている経験からイメージがつきますが、夕方から夜の結婚式はどんな格好がふさわしいか迷いますよね。男性、女性それぞれで見る夜の結婚式の髪型や服装のマナーについて紹介します。

夕方から夜の結婚式にはどんな服装がふさわしい?

 ナイトウエディングの花嫁とゲスト© iStock.com/Deagreez

基本的なマナーは昼間の結婚式と同じと考えてよいでしょう。服装選びもお昼におこなわれる結婚式と同じで問題はありません。基本のマナーにプラスして、夜ならではのマナーを知ることで素敵なお呼ばれスタイルができます。男性と女性でそれぞれ見ていきましょう。

女性の場合

夕方から夜の結婚式に合わせる正装はイブニングドレスになります。袖なしで背中や胸元が大きく開いたデザインになり、裾は床までもしくは足の甲まである丈のドレスを着ます。最近のナイトウエディングはカジュアルなパーティが多いこともあるので簡略した礼装のカクテルドレスでもよいでしょう。カクテルドレスはワンピースタイプのデザインが基本。夜の結婚式では胸元や肩をだすことがフォーマルな装いになるので、ノースリーブもOKです。色で黒を選ぶ場合は光沢ある素材にします。華やかさをだして赤、紫、青などの原色系の濃くはっきりしたカラーもおすすめです。生地もレースやサテン、冬であればベルベットなど豪華に見えるデザインにします。

男性の場合

男性が着る服装ではタキシードが夜の結婚式の正装になります。タキシードは基本的には黒の蝶ネクタイを着けるのがマナーです。また、準礼装のブラックスーツでもよいでしょう。シルエットやフィット感を自分のサイズに合わせて着こなします。結婚式の雰囲気がカジュアル感をだしてもOKであれば、略礼装の濃紺かチャコールグレースーツを着てもよいでしょう。できればベストを同じ色で揃えたスリーピースにするとドレスアップして素敵です。気をつけることは茶系の靴やベージュ系のジャケットはカジュアルになりすぎるので控えます。パンツの裾もシングルにしておくこともマナーポイントです。

夜の結婚式での髪型の決め方

ナイトウエディングのヘアスタイル© iStock.com/dolgachov

最近の結婚式は形式自体が自由なスタイルが多くなっているのでマナーもあまり気にしなくてもよいかと思われがち。ですが、髪型はゲストの印象を大きく左右するところです。最低限のマナーを知っておきましょう。女性は華やかさは大切ですがダウンスタイルは基本NGに。食事のときに髪の毛がついてしまうようなアップの仕方も避けます。髪型のアレンジで多く見られるハーフアップは顔に髪がかからなければ問題ないアレンジヘアです。夜の結婚式に華やかさを足したいアイテムで選ばれるヘアアクセも注意が必要に。花嫁より目立つものは控えます。小ぶりなもので華美になりすぎないデザイン選びにしましょう。男性はスーツで出席する方がほとんどなので、普段のビジネススタイルと変わらない髪型になる場合も多いと思います。お祝いの席なのでアレンジをいれたセットもOKです。その際は清潔感を大切にして服装と合わせた髪型にするとよいでしょう。

夜の結婚式お呼ばれスタイルに映える服装&髪型

ブラックドレスはカッティングにこだわったデザインで

View this post on Instagram

@from_refletがシェアした投稿

夕方から夜の結婚式であれば一枚で着ることのできるホルターネックドレス。シンプルなデザインの中に女性らしいラインが夜のお呼ばれに引き立ちます。

夜のお呼ばれドレスはロング丈を選んで大人の雰囲気を

トップにレースをあしらった女性らしい印象のドレス。ネイビーカラーを選べばロング丈も重い印象にならず、夜の結婚式にもお祝いの華を添えます。

シニヨンヘアは低めの位置でまとめて

ふるゆわでアレンジした髪はローシニヨンヘアでまとめて。大人な女性の雰囲気がだせます。

編み込みヘアを遊び心あるアレンジでカジュアルに

バックスタイルがかわいい編み込みスタイル。トップから編むことでバックスタイルにポイントが付きおしゃれ度が上がります。

ブラックスーツは細部にポイントを入れて個性的に

ポケットやラペルの素材を変えたブラックスーツ。定番スタイルの印象が変わりファッショナブルに。

深いネイビー使いでスーツを華やかに

お祝いの席にふさわしい明るい印象のネイビースーツ。ベストを濃淡を入れて合わせることでこなれ感がでておしゃれなスタイルに仕上がります。

ウェットなパーマスタイルで洗練された印象を

夜のキラキラした結婚式に映えるパーマスタイルはしっかりスタイリングして清潔感をプラス。

かきあげスタイリングで清潔感ある髪型

メンズヘアの定番2ブロックは髪型全体を短くしたスタイリングでクリーンさを。

夜の結婚式に合った服装と髪型で素敵なお呼ばれスタイルにしよう

ナイトウエディングのゲスト友人© BLACKDAY/Shutterstock.com

夕方から夜の結婚式に女性はイブニングドレス、男性はタキシードの正装が基本となります。最近ではカジュアルスタイルの結婚式も多いので、服装が必ず夜の正装でなくてもよいときも。会場の雰囲気やゲストの顔ぶれを確認して決めていきましょう。基本的マナーは昼間の結婚式と変わりません。夜ならではの華やかさはプラスした着こなしにするとワンランクアップした印象に。女性の場合、肩をだしたドレスを着るのは夜の結婚式だからできる服装です。光沢のある素材やカラードレスを選ぶこともおすすめ。男性はダークスーツを着ることもできますが、ビジネススタイルのようにならないように気をつけます。髪型も男女ともに髪が顔にかからないように清潔感を心がけて。夜の結婚式に合わせたお呼ばれスタイルで素敵なパーティを楽しんでください。

人気の会場特集

1.5次会 少人数で貸切OKな会場特集
1.5次会 ゲストハウスウエディング特集
1.5次会 楽器演奏可能な会場特集
1.5次会 二次会にイチオシの会場特集
1.5次会 ナイトウエディング会場特集
         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す