新郎新婦専用のハンカチとは?使い方と選び方のポイント

[公開日]2019.07.30

結婚式のハンカチ©iStock.com/LindaYolanda

新郎新婦が結婚式のときに使う特別なハンカチがあるのをご存じでしょうか。日常的に使うハンカチとはデザインや素材が異なるものになります。実際にはどのようなものがよいかイメージが付きにくいですよね。今回は新郎新婦が結婚式で用意するハンカチについて、使い方や選ぶポイント、気を付けておくことをご紹介します。

新郎新婦が結婚式に使うハンカチとは

ブライダルの赤いハンカチ©iStock.com/Philartphace

新郎新婦が結婚式で使用するハンカチのことをブライダルハンカチといいます。ブライダルハンカチは通常のハンカチではなく、白色のデザインで作られたハンカチで結婚式のために準備をしておく特別なアイテムです。なぜ、新郎新婦にはブライダルハンカチが必要になるのでしょうか?

ブライダルハンカチが必要な理由

男性のブライダルハンカチ©iStock.com/Imikeee

新郎新婦がどんなときに使うのか

結婚式は多くの人にお祝いされることや来てくれたゲストに感謝の気持ちを伝える瞬間が増えます。自分では泣かないと思っていても、感動する場面はつきもの。そんなとき、ハンカチは涙を拭うのに必要です。新婦の場合は涙でメイクが崩れてしまう前にさっと拭き取れるようにしておくときにも使います。新郎の場合はスポットライトを浴びたり、挨拶などで緊張しているときに汗が出やすいもの。汗拭き用としてブライダルハンカチを用意しておきましょう。

何枚くらいあったらよいか

いつでもすぐに使えるように複数用意しておきましょう。ブライダルハンカチは介添え人に預けることや高砂席に置いたままにすることがあります。また、使っている内にファンデーションや口紅がついてしまうことも。特に夏場の結婚式や汗をかきやすい、涙もろい新郎新婦は、3枚くらい用意しておきましょう。

結婚式当日のブライダルハンカチの使い方

結婚式用のハンカチ©iStock.com/redstallion

ハンカチの形は崩さないように

ブライダルハンカチの使い方にマナーやルールはありませんが、握りしめてくしゃくしゃにしてしまうことは避けます。きれいに見える使い方は形を崩さないように持つことがポイント。新婦の場合は涙があふれてきたら、ハンカチの角をそっと目尻や目頭に押し当てて拭き取るとよいでしょう。メイク崩れの予防にもなり、上品な振る舞いにも見えます。新郎の場合は汗を拭き取るというより、肌に押し当てて吸収させるようなイメージで使います。

どこにしまうのか

新婦の場合、特にウエディングドレスではハンカチをしまっておくところがありません。ブライダルハンカチは新婦自身がしまっておくものではなく、使うときに介添え人が渡してくれるものです。使用後は高砂席の装花などのそばに置いて隠して置くことが一般的。新郎の場合も用意したハンカチ全て持っておくのではなく、1.2枚は胸の内ポケットに入れておき、他は介添え人に渡しておきましょう。また、ズボンの後ろポケットはしわが付くので避けます。

ハンカチの選び方や気を付けておくこと

ブライダル用の青いハンカチ©iStock.com/CCaetano

素材にこだわる

結婚式のようなフォーマルな場に持つのは、シンプルで上品なシルクのハンカチがよいでしょう。「シルク素材では吸水性が不安かも」というときには、コットンやガーゼ素材のハンカチでも構いません。素材によって普通のハンカチ感が気になる方は、レースが付いたデザインのハンカチを選ぶとフォーマル感がでます。ただ、ハンカチは使うだけでなく、写真撮影などもあり、見せるものとして意識したいところ。一枚はシルクのハンカチを用意して、実用的なコットンのハンカチを別に用意しておくこともおすすめです。

・コットンとは思えない繊細なレース使いで華やかに見せて

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

kossori___wさん(@kossori___w)がシェアした投稿

コットンでも繊細な作りを持つレース使いは可憐な印象に。新婦が持つだけで華やかさのあるデザインに。

・コットンリネンのハンカチで二つの素材感を楽しんで

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ハンカチの店 夢遊布さん(@yumeyufu)がシェアした投稿

コットンの柔らかさとリネンのしなやかな張りから生まれる爽やかさを合わせた素材をブライダルハンカチに。新郎新婦どちらとも使える素材でお揃いにしても素敵です。

色は基本白に

結婚式で新郎新婦が使うブライダルハンカチは白色を選ぶのが基本です。また、清潔感のある印象を与えてくれるのが白の最大の特徴。とはいえ、白にもオフホワイトやアイボリーなど色がさまざまあります。結婚式の衣装に合わせた白の色選びをしましょう。

タオルハンカチはNG

最近では日常的にタオルハンカチを使う方も多いと思います。実用性は高くなりますが、結婚式のハンカチとしてはふさわしくありません。タオル素材は見た目がカジュアルになり、フォーマルな場には不向きなハンカチに。新郎新婦のドレスアップした服装とミスマッチにならないように、カジュアルな素材のハンカチは避けましょう。

ブライダルハンカチの相場

ブライダルハンカチはプチプライスなものからブランドのデザインものまで幅広いラインナップがあります。

ブライダルハンカチの相場は、

・シルクの白いハンカチ
3000円~

・コットン100%でシンプルかつスタンダードなデザイン 
1000円~

・コットン100%でステッチレースなどあしらったもの
3000円~5000円程度 

ブライダルハンカチは基本的なマナーを押さえておけば、価格はいくらであっても大丈夫です。ですが、素材感やデザインは価格によって変わってくるところでもあります。新郎新婦が選んだとっておきのデザインを一生に一度の思い出として、記念品にすることもよいでしょう。

ブライダルハンカチは新郎新婦の記念に残るデザインを選ぼう

結婚式で使うハンカチ©iStock.com/sjharmon

ブライダルハンカチは通常のハンカチではなく、白色のデザインで作られた結婚式のために準備をしておく特別なアイテム。新郎新婦の涙や汗を拭き取るために使うものになります。

2~3枚くらい用意をしておきましょう。ブライダルハンカチの素材はシルクが基本ですが、上質なコットンやリネン使いでも問題ありません。デザインや素材にこだわることが大切です。また、日常使いで人気のあるタオル素材は、ブライダルハンカチにはNGです。カジュアルな素材なので、フォーマルな場には向かないので気を付けましょう。新郎新婦お二人のこだわりに合わせた素敵なブライダルハンカチが見つかるとよいですね。

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す