冬の1.5次会結婚式にふさわしい服装選びとマナー

[公開日]2019.11.05 [最終更新日]2019.11.21

雪の中のパーティーで笑顔の女性たち© iStock.com/CoffeeAndMilk

冬の結婚式の中でも、カジュアルな1.5次会の服装を決めるとき、招待されたゲストはどんなコーディネートにするか悩みますよね。どのような服装が冬の1.5次会にはふさわしいのでしょうか?冬の1.5次会らしい着こなしのポイントや、気をつけておきたいマナーをご紹介します。

レストランが結婚式会場に© iStock.com/momcilog

1.5次会はどんな結婚式?

1.5次会は、披露宴と二次会の中間にあたる結婚式になります。披露宴ほどの堅苦しさはないけれど、二次会ほどカジュアルになり過ぎないことが特徴です。フルコース形式のフォーマルなスタイルから、ビュッフェ形式のカジュアルなパーティまでさまざまあります。招待状が届いたら、どんな会場でおこなわれるかチェックして、1.5次会の服装を決めるとよいですね。

冬の1.5次会結婚式にふさわしい服装とは

冬らしい素材

冬の結婚式会場はきちんとエアコンが効いているので、屋内では寒さを心配する必要がありません。ですが、お祝いの気持ちを服装で表せることは、ゲストとして素敵な振る舞いになるのではないでしょうか。

季節を感じる素材をまとうことで、お呼ばれの服装に華やかな印象がでます。冬らしい素材は「ベロア、ベルベット、ツイード、ジャガード」などがあります。暖かい質感が、機能面だけではなく、女性らしいきちんとした雰囲気を醸しだします。

深みのあるカラーや明るめの色を選ぶ

素材以外で、冬の1.5次会結婚式にふさわしい服装は「色選び」です。冬らしい色合いと言えば、黒や紺が定番ではあります。とはいえ、1.5次会はカジュアルな結婚式。季節感のある「ワインレッド、ダークグリーン、ロイヤルブルー、マスタード」などの深みのあるカラーを選ぶと、冬の結婚式の装いにもぴったりです。

このほかに、暖色系の「ピンク、オレンジ」は明るい印象を与え、華やかです。たくさんの人が集うお祝いの席におすすめなカラーになります。

羽織ものを使う

冬の結婚式の服装を華やかに見せてくれるアイテムが、ショールやストールの羽織ものです。防寒対策としてだけではなく、肩のでるドレスやワンピースの場合、肌が露出する部分を隠すためにも、羽織ものは必要です。冬らしい厚手の素材やカシミアなど上質なものを選ぶとよいでしょう。

冬の1.5次会結婚式の服装マナー

ベロア生地のドレスを着た女性© iStock.com/ambada

カジュアルで自由度が高い1.5次会の結婚式でも、服装のマナーがあります。どのようなことを気をつけるとよいのでしょうか。

寒そうに見えない服装にする

涼しげな透け感のある生地のパーティドレスは、暑い夏にぴったりでも、シックな冬の季節の季節の結婚式には、寒々しい印象を与えてしまいます。厚手の素材や袖のある服装、袖のないドレスやワンピースには、羽織ものをプラスしたコーディネートにしましょう。

コートと中に着る服装を合わせる

冬の結婚式は寒いので、アウターは必須になってきます。「コートは会場のクロークに預けてしまうから、どんなコートでもよいのではないか?」と思われがちですが、結婚式にふさわしいものを選びましょう。

中に着たドレスやワンピースにもよく合う、上質な素材の「ウールやカシミア」がおすすめです。デザインは着丈が長いコートを選ぶと、よりきちんと感がでます。

黒いタイツ・ストッキングはNG

普段の装いに定番な黒のタイツ。結婚式で合わせてしまうと、お通夜やお葬式などの不祝儀を連想させてしまうので、お祝いごとの結婚式では避けた方がよいかもしれません。黒のストッキングも同様です。

どうしても足が寒いときは、肌色ストッキングの重ね履きやカイロを足裏に貼り、見えない防寒をしておきましょう。

ニット・ファー素材

冬の素材といえば、ニットやファーがあります。特にファーはボレロなど、パーティの装飾アイテムとして使われることが多いですよね。1.5次会の結婚式は、友人中心のカジュアル度の高いパーティもあるため、ファーを身につけても問題ないと考える方もいると思います。

ですが、動物の殺生を連想させるため、避けておいた方がよい素材です。ニットも食事の席で毛が飛ぶ恐れがあり、控えておく方が無難です。

アニマル柄

アニマル柄もファーと同じく動物の殺生を連想させます。こちらもカジュアルな会場の雰囲気であっても、避けておく方がよいでしょう。

結婚式の服装マナーとして、ヒールのあるパンプスが基本です。冬に履く機会の多いブーツは、結婚式にはマナー違反となります。1.5次会の結婚式当日が寒くて履きたい場合は、会場の行き、帰りだけ履くことがよいでしょう。

冬の1.5次会結婚式に着たい!服装アイデア

 

明るいカラーを選んで、一枚で華やかにみせて

この投稿をInstagramで見る

SDS(@skymarket.dress.shop.color.me)がシェアした投稿

冬の結婚式だから選べるカラーの赤。クリスマス時期の結婚式にも向いています。

 

ベロア使いで季節感をだしたお呼ばれ服を

この投稿をInstagramで見る

JS fashion(@jsfashion.jp)がシェアした投稿

パープルが大人かわいい印象のドレス。ベロア使いで季節感と華やかさアップなデザイン。

 

ブラウンのワンピースはレース使いで、抜け感を意識して

この投稿をInstagramで見る

結婚式二次会・お呼ばれドレス (@manondesignjp)がシェアした投稿

冬らしいブラウンのカラーは、重くなり過ぎないようにレース使いで抜け感をだして。

 

ロングドレスは、夜のカジュアルな1.5次会におすすめ

この投稿をInstagramで見る

THE DRESS(@thedress_official)がシェアした投稿

夕方から夜に始まる冬の1.5次会には、グレーのロングドレスで大人の女性らしさを。

冬の1.5次会には、マナーと季節感を意識したコーディネートをしよう

冬の結婚式は寒い時期に開催され、お呼ばれで着る服装も悩むと思います。特に1.5次会はカジュアルで自由度の高いウエディングです。服装も自由に選んでよいかと思われがちですが、結婚する二人をお祝いするための服装を意識して、選ぶことが大切です。

「季節感のある素材」「深みのあるカラーや暖色系」のドレス選びをしましょう。気をつけておくことは、ファーアイテムの着用。1.5次会であればカジュアルで許容範囲に考えがちですが、避けた方が無難なアイテムになります。

マナーもしっかり守って、1.5次会結婚式のお祝いに出かけてください。

 

冬の1.5次会、靴の選び方でお困りの方はこちらもどうぞ!

人気の会場特集

1.5次会 少人数で貸切OKな会場特集
1.5次会 ゲストハウスウエディング特集
1.5次会 楽器演奏可能な会場特集
1.5次会 二次会にイチオシの会場特集
1.5次会 ナイトウエディング会場特集
         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す