人気色?似合う色?色から選ぶ結婚式の新郎衣装

[公開日]2019.11.06 [最終更新日]2019.11.21

蝶ネクタイを結ぶ新郎© iStock.com/Serhii-Sobolevskyi

結婚式で着る新郎の衣装は、何色を選べばよいのでしょうか。定番の色として黒や紺、白などがありますが、最近ではさまざまな色の衣装があります。今回は、新郎の衣装で人気の色や色の持つ印象、花嫁のドレスとの合わせ方についてまとめました。

新郎衣装の人気色

新郎の衣装は、選ぶ色によって印象が変わります。どのような雰囲気にしたいかを考えながら色を選ぶのがおすすめです。

この投稿をInstagramで見る

KNOX & TAYLOR(@knoxandtaylor)がシェアした投稿

結婚式では定番となる黒色は、スタイリッシュで落ち着いた大人の印象を与えます。フォーマル度が高いため、格式ある式場にぴったりです。堅くなりすぎたくないという方は、ネクタイやカフスなど小物にカラーを取り入れ、おしゃれを楽しむのもおすすめです。

この投稿をInstagramで見る

a(@tkk.5757)がシェアした投稿

結婚式の新郎しか着用することのできない白色は、王道とも言えるでしょう。爽やかな印象を与えてくれるので、リゾートウエディングやガーデンウエディングなどにもおすすめです。真っ白に抵抗があるという方は、ネクタイやベストに黒や紺色などを取り入れるとコントラストがでて引き締まった印象になります。

この投稿をInstagramで見る

yurie_wd(@_yurie07_wedding)がシェアした投稿

黒ほどかっちりとしておらずおしゃれ度の高い紺の衣装は、さまざまな結婚式の雰囲気に合わせやすい色です。紺と言っても濃紺から水色に近い色までさまざまですが、濃紺は上品な印象、薄い色になるほど爽やかな印象になります。

グレー

この投稿をInstagramで見る

幸三郎ウェディング(@kouzaburou.wedding)がシェアした投稿

グレーの衣装はカジュアル感があり、優しい印象に。ナチュラルな雰囲気のライトグレーは、ガーデンウエディングのようなアットホームな結婚式にぴったりです。上品さをプラスしたい場合は、濃いめのグレーを選ぶとよいでしょう。

ブラウン

この投稿をInstagramで見る

LIFE STYLE ORDER|ライフスタイルオーダー(@life_style_order)がシェアした投稿

ナチュラルで落ち着きのあるブラウンは、黒とは違ったナチュラルな大人の印象を与えます。ゲストハウスのようにカジュアルな結婚式にとても似合うカラーで、柄のあるベストやネクタイなどを合わせるとよりおしゃれ度がアップします。小物を茶色でまとめると上品な印象になります。

シルバー

この投稿をInstagramで見る

PREMIER(@premier_weddingdress)がシェアした投稿

グレーに近いシルバーは、光沢があり華やかな印象を与えます。少し落ち着いた印象にしたい方は、ベストやネクタイを黒にすると全体が引き締まるのでおすすめです。

シャンパンゴールド

この投稿をInstagramで見る

結婚式場 ネオス・ミラベル -NeosMirabell-(@neosmirabell.official)がシェアした投稿

シャンパンゴールドはシルバーと同じく、高級感があり華やかな印象を与えてくれます。華やかなカラードレスにも合わせやすいので、お色直しにもおすすめのカラーです。

お色直しはどうする?

新郎のお色直しをする場合、挙式と披露宴の雰囲気や花嫁のドレスに合わせて衣装の色を選ぶのがポイントになります。挙式とは違った雰囲気にしたい方は、披露宴では別のカラーを選ぶとよいでしょう。

雰囲気は変えたいけれどお色直しはしなくてよいという方は、シャツやベスト、ネクタイなどの小物を変えるのがおすすめです。小物を取り入れる場合は、花嫁のドレスカラーと合わせるとバランスがよく一体感がでます。

カラードレスとの合わせ方

ほほえみしゃがむピンクのドレスを着た女性© iStock.com/JNemchinova

新郎の衣装はお二人が並んだときのバランスも考えておかないといけません。花嫁がカラードレスの場合、どのように色を合わせればよいのでしょうか。

ピンク系

淡いピンクのドレスには、明るめのシルバーがおすすめです。可愛らしいドレスには派手過ぎず華やかな印象のあるシルバーにすることで柔らかな印象になります。くすみがかったピンクや濃いピンクのドレスには、黒やネイビーなどの濃いめの色で合わせると雰囲気に統一感がでます。

グリーン系

パステルグリーンのドレスには、白やグレーなどの爽やかな色の衣装がおすすめです。濃い緑のドレスには、紺や黒などのダークカラーを選ぶと大人のコーディネートが完成します。

ブルー系

可憐なイメージの水色ドレスには、光沢のあるグレーや白が似合います。深みのある青のドレスには、シックな大人の印象を与える濃い色を選ぶと花嫁との統一感がでます。

イエロー系

元気な印象のイエロードレスには、発色のよさを引き立てる黒や紺、ブラウンなどがおすすめです。オレンジドレスには、トーンを合わせたブラウンやワインレッドなど暖色系がよいでしょう。

パープル系

フェミニンカラーのパープルドレスには、白ベースの衣装を選ぶことで全体の雰囲気が爽やかになります。深みのある紫には、ドレスのトーンに合わせ黒やダークグレーなど新郎も存在感のある色で合わせるとよいでしょう。

新郎新婦のコーディネートのご参考にこちらもどうぞ!

新郎の衣装は色も重要視して選びましょう

結婚式は花嫁の衣装を中心に選びますが、新郎の衣装選びも重要になります。選ぶ色によって印象が変わるため、結婚式場やご自身がなりたい雰囲気に合わせるとよいでしょう。

また、花嫁とのバランスを考えた色を選ぶことでより素敵な結婚式になります。さまざまな色の中から、自分に合った衣装を選んで下さい。

 

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す