冬の結婚式の二次会【男女の服装】マナーと選び方をお届け

[公開日]2019.10.18

結婚式男女の服装選び© iStock.com/kaznadey

12月・1月・2月の冬の結婚式二次会にお呼ばれされたら、服装選びにも気を配りましょう。「二次会だからそこまで気にしなくて大丈夫!?」と考える方もいますが、二次会でも最低限守って欲しいマナーがあります。冬の場合はファーアイテムや靴、コートなど悩む項目も増えるもの。冬の結婚式二次会で気を付けたい、最低限の服装マナーとは?この記事で見ていきましょう。

結婚式二次会での服装の基本マナー

結婚式にはさまざまな細かいマナーがあります。結婚式の二次会だとしても、守ってほしい最低限の服装マナーはあるもの。結婚式での細かいNGマナーは省いていますが、二次会では最低でも下記のマナーは押さえてほしいものです。

【二次会でも守って!服装選びのNGマナー】
・花嫁と被る白(ベージュやアイボリーはOK)
・殺生イメージのある動物柄
・肩、胸、膝の露出
・カジュアルな服装
・派手なアクセサリー

冬の結婚式二次会でやりがちなNGマナー

冬の結婚式ではついつい無意識にNGマナーをやりがちです。特に二次会からの参加では、披露宴ほどかしこまらないからか、服装においてマナーNGな人をみることがあります。冬の結婚式でみんながやりがちなNG服装を見てみましょう。

ファーアイテムの使用

温かいファーは冬に大人気のアイテム。しかし結婚式ではNGのアイテムでもあるのです。最近ではマナーも緩くなりつつあり、「二次会なら大丈夫」と考える人も増えています。ただし、これは親族や目上の方、会場が格式高い場所でないときの場合です。冬のファーアイテム使用は「必ずNG」ではないですが、二次会会場の雰囲気と、ゲストの年齢層を考慮して選びましょう。

ブーツやニットの使用

ブーツやニットの服はカジュアルなイメージがあるので、二次会だとしてもNGです。冬は雪などもあり、パンプスでの移動が大変なときもあります。その際はブーツで会場まで移動し、会場でパンプスに履き替えれば大丈夫です。服はニットを避け、カイロや羽織物で寒さをカバーしましょう。

タイツや黒ストッキングの使用

冬は寒いので、ついついタイツ履きたくなりますよね。でも実は、これが一番やりがちなNGマナーです。タイツは二次会でも避けましょう。会場で履き替えるなどの対策がおすすめです。結婚式二次会の場合は、黒ストッキングはそこまで気にする人は少ないです。しかし、フォーマルな印象は薄れてしまいますし、お祝いの場にふさわしい華やかさも薄まってしまいます。できれば二次会でも避けてほしい服装になります。

冬の結婚式二次会の服装【選び方の基本】

冬のっ結婚式二次会の服装選び© iStock.com/vik898

冬に限らず、結婚式二次の服装選びの基本は「会場の雰囲気」「ゲストの年齢層」「披露宴からの参加者の人数」に合わせて選ぶのが大切です。

☆会場の雰囲気に合わせて服装を選ぶ

結婚式の二次会はホテル会場~居酒屋までと幅広い会場で行われます。ホテル会場なら披露宴に近いフォーマルな装い、居酒屋なら女性は小洒落たワンピース、男性はお出かけ服にジャケット程度の服装がおすすめです。

ゲストの年齢層に合わせて服装を選ぶ

友人のみの二次会なら、冬アイテムのファーや少しカジュアルな服装でも参加できます。しかし、親族やご年配の方も参加をする場合は、最低限のマナーを押さえた服装を選びましょう。

披露宴からの参加者の人数

どんな会場だとしても、披露宴からの参加者が多いと、みんな綺麗にドレスアップをしてきます。その中で浮かないように、二次会でもややフォーマル感のある装いがおすすめです。

冬の結婚式二次会の服装【カラーと素材選び】

冬の結婚式二次会におすすめの服装カラーと素材をご紹介。

冬におすすめのカラー

暖色系など深みのあるお色味がおすすめです。12月の結婚式なら、クリスマスカラーも素敵。

・ボルドー
・ダークグリーン
・シルバー
・カーキ
・ブラウン
・マスタード

冬におすすめの素材

冬の二次会でも会場は温かいので、通年使えるシフォン素材でも問題ありません。その他に冬らしい素材をご紹介します。

・ツイード
・ベロア
・カシミヤ
・ジャガード

冬の結婚式二次会での服装選び【女性・男性編】

© iStock.com/itakayuki

結婚式二次会での服装マナーに関しては男女ともに共通する部分もありますが、選び方は異なってきます。女性、男性別に冬の結婚式二次会の服装の選び方をご紹介。

女性の冬の結婚式二次会の服装選び

二次会でもワンピースもしくは、パンツドレスを選びます。会場は花嫁さんに合わせて温かくされていますので、「ノースリーブや半袖+羽織物」のコーディネートでも問題ありません。足元は冬でもベージュのストッキングと、パンプスを選びましょう。

男性の冬の結婚式二次会の服装選び

夏でも冬でも男性の場合はスーツを選ぶ分には、女性よりも服装選びは楽です。しかしスーツでも冬向けの素材があったり、冬らしいネクタイがあります。素材と色味選びはちゃんと考えましょう。格式高い会場なら、冬らしいベストを着用した「スリーピース」スタイルもおすすめです。カジュアルな二次会会場なら、お洒落な普段着にジャケットをプラスするだけでもOKです。

冬の結婚式に二次会服装、悩むコート選び

© iStock.com/MoustacheGirl

冬の寒さ対策に欠かせない「コート」。コートに関して悩む方も多いですが、基本的には普段使用しているコートでOKです。二次会会場ではクロークに荷物を預けるので、その時にコートも一緒に預けます。会場内でコートを使用することはないので、どんなコートで会場まで行っても大丈夫です。

コートは会場に入る前に脱ぐのが基本です。会場の前でコートを脱ぎ、手にもって受付を済ませたあとクロークに預けましょう。

冬の結婚式二次会はお洒落&温かな服装で

二次会とはいえ、お祝いの場に変わりはありません。新郎新婦を祝福する気持ちを込めて、ドレスアップして参加をしてほしいものです。冬の結婚式となると、服装のお洒落だけでなく、寒さ対策も悩むところ。カイロで対策したり、羽織物で対策したりと色々対策はあります。また、会場までは私服で移動し、会場で靴やタイツを履きかえてもよいでしょう。

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す