会費制結婚式のメリットと会費制結婚式におすすめの演出アイデア12選!

[公開日]2018.09.16 [最終更新日]2019.11.20

会費制結婚式の内容と演出©iiiphevgeniy – shutterstock.com

会費制結婚式にはご祝儀をいただく結婚式にはないメリットがあり、パーティの内容を生かした演出がおすすめです。自由なオリジナリティや、新郎新婦との距離感の近いアットホームさやカジュアルさが大きな魅力。ゲストにパーティを楽しんでもらうための自由な演出を、ウエディングプランナー交え二人で考えましょう。

会費制結婚式の特徴とメリットとは?

会費制結婚式のパーティの種類©dfrolovXIII – shutterstock.com

一般的なご祝儀を包んでもらう結婚式ではなく、会費制結婚式はどんな内容の結婚式なのか知っておくことは、ゲストにパーティを楽しんでもらうためにとても大切です。会費制結婚式のメリットとしては、つぎのようなことがあげられます。

ゲスト負担が少ないので多くのゲストを招待しやすい

会費はご祝儀の相場より低めの設定がほとんど。ゲストに自分の飲食代を負担してもらうイメージなので、さまざまな立場のゲストを気兼ねなく招待できます。また、立食か着席かも選べるため、大人数での結婚式も多いです。

自己負担がはっきりしているので演出内容が自由に組める

ご祝儀と違って自己負担が明確なため、結婚式でこれをやらないと失礼では…と格式にこだわる必要がなく、自由に内容と時間の使い方を考えることができます。

準備時間が短期間でも可能

ご祝儀をいただかないので、席順やお祝いのスピーチの順番など、結婚式で大変といわれる決まり事を省略できるため、短期間での準備が可能です。

演出や内容を工夫すれば自己負担を少なくすることが可能

ご祝儀制と違ってテーマやコンセプトに制限がなく、自分達にあったテーマでの装飾や演出が可能です。個性とオリジナリティを生かしたDIYをフル活用して、自己負担を抑えることができます。

スタイル別で選ぶ会費制結婚式

会費制結婚式のパーティ内容©Wedding and lifestyle – shutterstock.com

会費制結婚式をスタイル別で選ぶことで理想の結婚式に近づくかもしれません。

1.5次会ウエディング

挙式・披露宴・二次会を二人の好みでカスタマイズしたパーティのこと。二次会のようにカジュアルだけど結婚式としての体裁を整えることができ、ゲストへのサービス内容を二次会よりグレードアップさせ、より結婚式をパーティとして楽しむことが可能です。1.5次会内で宴内人前式で挙式をすることもできます。

レストランウエディング

ゲストが最も楽しみにしている料理を存分に味わってもらうことに重点を置いた、レストランで行う披露宴です。結婚式を主にするために作られた会場ではないので、あまり派手な演出をしたくない、料理と歓談をゆっくり楽しみたいカップルや落ち着いた雰囲気を好む大人婚カップルに最適です。

お披露目会・帰国後パーティ

海外挙式や国内リゾート挙式を家族とごく親しい人達だけで行った後、「もう一度きちんと披露宴を行うか二次会のみにするか」…という選択肢に、会費制結婚式がその中間としてピッタリです。準備期間が短くても可能なため(目安は3カ月)、海外・リゾート挙式の準備と並行して準備をすすめることができますし、宴内人前式を取り入れもう一度ゲストに晴れ姿を見てもらうこともできます。

ファミリーウエディング

授かり婚の場合は、結婚式をするかしないか、する時期とタイミングがとても難しいのですが、準備期間と準備量が少ない会費制結婚式であれば、妊娠中でも負担を軽減でき、子育てに忙しいパパママもスケジュールを調整して結婚式を計画することが可能です。

ファミリーウエディングの演出について詳しくはこちら。

二部制ウエディング

沢山のゲストと結婚をお祝いしたいが、一度に招待できる人数も限られているし、ゲストの立場や年齢でおもてなしや格式を変えたほうがいい、一つのパーティに収めるのに難しい場合は、二部制ウエディングという方法をとることができます。一部は親族・目上の方にフォーマルなおもてなし、二部は友人同僚らと会費制でカジュアルなパーティという風に、ゲストに合わせきめ細やかな対応ができるのです。

二部制ウエディングの演出について詳しくはこちら。

ナイトウエディング

通常は昼間に行う結婚式を、夜に行う結婚式がナイトウエディング。お酒と料理をムーディに楽しむ大人のパーティが演出できます。また、夜のウエディングは時間帯としても割引特典があったり、演出面で費用がかからなかったりと、自己負担を抑えることが可能な場合も。

ナイトウエディングの演出について詳しくはこちら。

会費制結婚式におすすめの演出アイデア12選

会費制結婚式のメリットを生かしたおすすめの演出内容を、先輩花嫁が実際におこなった演出を交えてご紹介します。

1.宴内人前式

通常はフォーマルでおごそかに行う挙式を披露パーティ内に組み込んで、全員でわいわいお祝いするイベントとして演出できます。通常は30分かかる挙式を15分程度に凝縮できますが、ゲスト全員に証人になってもらい、結婚を見届けてもらうことが可能なアットホームな挙式スタイルです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ひが(@higa_wed1103)がシェアした投稿

2.ブーケプルズ

挙式は済ませているのでそれに代わるイベントを…とブーケプルズを最初に行うケースも増えています。ブーケを引くゲストを未婚女性に限定することなく、男性ゲストやお子様も参加するできるようなルールにするアイデアも。人数が多い方が盛り上がるという理由と、ゲストのプライバシーに配慮したいという方は全員参加を選んでいるようです。参加してくれたゲストに喜んでもらうために、当たりを複数用意することもできます。

 
 
 
View this post on Instagram

アールベルアンジェ秋田さん(@art_bell_ange_akita)がシェアした投稿

3.ゲスト参加型結婚証明書

ウエディングツリーやハートドロップス、メッセージジェンガなど、ゲストに協力してもらって結婚証明書を作り上げるアイデアです。大きなメインツリーを作って、パーティ中にメッセージを書きこんで飾るような、ワークアウト型のイベントとしてプログラムに組み込んで演出することもできます。

 
 
 
View this post on Instagram

テラスグランツさん(@terrace_glanz)がシェアした投稿

4.カジュアルドレスコード指定

ゲストにラフにパーティを楽しんでもらいたい、新郎新婦含めパーティに一体感を出したい、ということで、ドレスコードを指定する演出が増えています。デニム・白シャツ・スニーカーといったカジュアルで誰もが持っているアイテムや、カラーの指定など方法はさまざま。ドレスアップにとらわれることなく、カジュアルな服装をゲストに自由に楽しんでもらうことができます。

 
 
 
View this post on Instagram

砂川星来(すながわせーらとよみます)さん(@sera_sunagawa)がシェアした投稿

5.テーブルラウンド、サーブ

パーティ時間を自由に使えるため、余興やゲームより歓談重視のカップルにおすすめの演出です。テーブルを二人で回って、パンやケーキをサーブしつつ会話を楽しんだり、写真を撮ったりできます。1人1人に対応していくととても時間がかるので、通常は1つのテーブルにわずかな時間しかかけられないのですが、会費制結婚式では他のイベントは組まずプログラムの大部分をテーブルラウンドに費やし、ゲストへのおもてなしに時間をかける演出を選択することも可能です。

 
 
 
View this post on Instagram

ブルーミントンヒルさん(@bloomington_hill)がシェアした投稿

6.友人や本人の生演奏やライブ

フォーマルな披露宴で演奏をする、というのは相当のプレッシャーでプロのクオリティを求められることも多いのですが、カジュアルな会費制結婚式の雰囲気なら、新郎新婦本人の演奏や趣味で音楽をやっている友人ゲストの演奏など気負いなく演奏でき、全員でアットホームに楽しむことが可能です。

 
 
 
View this post on Instagram

mutsumi yamaguchiさん(@mutsumi_fl)がシェアした投稿

7.ウエディングムービー

リゾート挙式の様子や、今まで撮ってきたお子さまの成長の記録などを使ってムービー・アルバムでお披露目し、ゲストに楽しんでもらう演出です。今まで撮ってきたものを素材とするため、業者にお願いすればさほど時間はかかりません。リゾート挙式では帰国後パーティを見込んで、滞在中にムービーを撮影して同時に作ってしまうという時間短縮技も。

 
 
 
View this post on Instagram

Shiseiさん(@kzk.tda)がシェアした投稿

8.フォトを使ったウエルカムスペース

挙式の様子や赤ちゃんの成長の写真を、ウエルカムスペースなどに飾って演出することができます。ウエルカムボードなどに使用するアイデアも。

 
 
 
View this post on Instagram

丘の上のティアラガーデンズさん(@tiara__garden_s)がシェアした投稿

9.プチギフト

リゾート挙式で行ったリゾート地のお土産をプチギフトとして、おもてなし演出にすることができます。お子さまの写真を使ったパッケージのお菓子などを用意するアイデアも。ゲストにお披露目とお礼を兼ねて楽しんでもらえます。

 
 
 
View this post on Instagram

kanade♡さん(@lil_joy_sweets)がシェアした投稿

10.自由なテーマに沿ったペーパーアイテムDIY

会費制結婚式ではフォーマル度を気にすることなく、二人らしいテーマを決めることができるため、それに沿ったデザインでペーパーアイテムをDIYして、ゲストにパーティをより深く楽しんでもらうことができます。

 
 
 
View this post on Instagram

\ a.y.n.wedding /さん(@a.y.n.wedding)がシェアした投稿

11.フォトを楽しむためのフォトブースDIY

フォトブースとは、結婚式場に設ける写真撮影のためのスポット。海外の結婚式では定番の演出で、挙式や披露宴が始まるまでの待ち時間にゲストが撮影を楽しむことができます。歓談時間に新郎新婦と一緒に撮影も可能。二人の結婚式のテーマに沿った、手作りの飾り付けアイデアが人気です。

 
 
 
View this post on Instagram

しーちゃんさん(@shii_0326)がシェアした投稿

12.ウエルカムスペースのDIY

結婚式で一番最初にゲストをお出迎えする「ウエルカムスペース」。DIYで二人が感じられる装飾をすると、ゲストにとってさらに結婚式で二人を身近に感じることができます。持ち込みが厳しい会場でも、ウエルカムスペースの装飾持ち込みはOKなところが多いため、お出迎えの演出を手作りで楽しみましょう。

 
 
 
View this post on Instagram

kimikaさん(@ts_k.wd)がシェアした投稿

会費制結婚式で自分たちらしい結婚式を迎えよう

会費制結婚式のメリットとパーティ内容を生かした演出で、結婚式をゲストと一緒に楽しむことができます。通常の結婚式にはない自由なオリジナリティや、新郎新婦との距離感の近さが大きな魅力です。ゲストにパーティの雰囲気を楽しんでもらうために、会費制結婚式のメリットや演出をウエディングプランナー交え、二人で考え準備していきましょう。

人気の会場特集

1.5次会 少人数で貸切OKな会場特集
1.5次会 ゲストハウスウエディング特集
1.5次会 楽器演奏可能な会場特集
1.5次会 二次会にイチオシの会場特集
1.5次会 ナイトウエディング会場特集
         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す