結婚式二次会へカジュアルに誘いたいときのメール文例

[公開日]2019.06.28 [最終更新日]2019.07.01

招待メール©iStock.com/JohnnyGreig

結婚式の二次会にはどのような誘い方を考えますか?最近はメールやSNS、メッセージアプリなどでカジュアルに誘うことも増えてきました。手軽さはあるけれど、カジュアルにメールで誘うときはどのようなことに配慮が必要になるのでしょうか。二次会へカジュアルに誘うときに気をつけておくことや友人や後輩、職場の方に送る関係性別のメール文例をご紹介します。

結婚式二次会へのカジュアル招待メールを送る時期

招待メール© iStock.com/Milkos

カジュアルなメールで二次会に誘うとき、メールを送るタイミングとして結婚式の招待状を出す時期と同じ頃に合わせます。目安として結婚式二次会をおこなう2~3カ月前に考えましょう。その時期に合わせることで結婚式から参加するゲストも二次会があることを把握できます。また、二次会から招待の場合は、あまりに前すぎてもゲストの予定が分からないことや直前すぎると予定が入ってしまう可能性も。こちらの場合も結婚式の招待状を出すタイミングと同時にメールしましょう。

最近では二次会の案内をSNS、メッセージアプリなどで送ることも増えてきます。カジュアルな文面で二次会に誘うときにこれらのツールを使うのは問題ありません。ですが、マナーやルールは必要になります。ではどのようなことに気をつけて送るとよいでしょうか。

カジュアルなメールで結婚式二次会に誘うときに気をつけること

招待メールで気をつけること© iStock.com/taa22

件名をしっかり明記

メールは件名を書くことができます。一目で見て分かりやすく伝えるようにしましょう。例えば「新郎の名前&新婦の名前 Wedding after party のご案内」など件名で内容がわかるようにすると、ゲストが見逃すことがありません。カジュアルであれば色付きの絵文字をいっしょに使ってもOKです。二次会の案内であることを件名で明確にします。

二次会の詳細は丁寧に伝える

結婚式二次会の詳細を事前に伝えておくことでゲストが分かりやすい内容に。下記の項目は必ずメールに入れましょう。

・開催する日付・曜日
・受付の開始時間
・二次会のスタート時間
・会場の名前 (ホームページががあるときはURLを添付)
・住所、電話番号(地図のURLを添付)
・アクセス方法(最寄り駅、駅からの所要時間)
・会費
・出欠の返信期日

カジュアルな誘い方であっても目上の方や仕事関係には配慮する

以前は目上の方や仕事関係には二次会でも招待状を送ることが多くありました。現在はメッセージアプリの活用も増えているので、メールで二次会に誘われることには抵抗ない方もいると思います。とはいえ、文面には配慮のある言葉を選んだメールにしましょう。二次会への招待メールは一斉送信が多いですが、目上の方や仕事関係には個別に送ることが大切です。

結婚式二次会の招待をカジュアルなメールにする誘い方文例

誘い方文例© iStock.com/anyaberkut

二次会へメールでカジュアルな誘い方をするとき、友人や後輩にはいつも会話をしているようなくだけた内容でも問題ありません。ですが、基本的には相手への敬意を込めた内容にしておきましょう。職場関係の方には関係性によって丁寧に送るほうが無難なことも。礼儀を心がけた文面にしましょう。

友人への文例

こんにちは。

最近はなかなか会えていないけれど、変わりなく過ごしていますか?

実はこの度結婚をすることになりました!!!

お相手は以前話していた□□さんという方です。

●月●日、結婚式のあとに私が大切にしている方々を

お招きして二次会を開くことになりました。

忙しい中だとは思うけど、◯◯ちゃんにぜひ出席して欲しくてメールを送りました!

△△ちゃんや××ちゃんも誘っています。

みんな勢ぞろいになることを楽しみにしてるよ。

詳細は下に書いておきます。

出欠は●月●日までにもらえるとうれしいです。

当日会えるのをとても楽しみにしています。

後輩への文例

◯◯ちゃん、元気にしてる?私は元気にしてるよ。

今日はお知らせがあってメールしました。

驚くかもしれないけれど、●月に結婚することが決まりました!!!

お相手は□□さんという方です。

結婚式のあとに二次会を開こうと思います。

◯◯ちゃんには必ず来てほしいと思っているので

参加をしてもらえるとうれしいです。

詳細は下を見てね。

出欠は●月●日になるのでお返事お願いします。

当日会えることを楽しみにしてるよ!

職場関係の方への文例

◯◯先輩、いつもお世話になっています。

今日は一つ報告がありメールをさせていただきました。

この度□□さんという方と●月●日に結婚式を挙げます。

そして、日頃よりお世話になっている方々をお招きして

ささやかながら二次会を開くことにしました。

◯◯先輩にもお世話になっているお礼を当日させていただきたいです。

ご多用とはおもいますが、ぜひ出席いただけたらと思います。

詳しい内容は下記をご覧ください。

大変恐縮ですが、●月●日までにご返信お願いいたします。

仕事でも引き続きお世話になりますが、当日お会いできることを楽しみにしています。

二次会への誘い方はカジュアルでも気遣いを忘れずにしよう

招待メール© iStock.com/milindri

結婚式の二次会へメールで誘うことは一般的になってきました。この他にSNSやメッセージアプリの活用も増えているのでカジュアルに二次会へ誘うことも増えつつあります。とはいえ、基本的マナーは必要です。メールであれば件名に二次会への招待と分かりやすくしておくことや当日の詳細を書いておくことも大切に。カジュアルな誘い方であれば、友人や後輩にはいつも話しかけるようなメールの書き方も問題ありませんが、相手への敬意は表しましょう。仕事関係の場合は関係性によって丁寧に送ることが必要です。文例を参考に相手を気遣いつつ、いつもの会話のようなカジュアルな誘い方ができるとよいですね。

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す