ゲストも和装でOK?神前結婚式に参列するときの服装とマナー

[公開日]2019.07.25

神前式の参列マナー©iStock.com/somethingway

神社でおこなわれる結婚式の神前式。日本の伝統的な結婚式で厳かな雰囲気があります。そんな結婚式にお呼ばれしたとき、どんな服装で参列すればよいか迷いますよね。また、新郎新婦の衣装は和装ですが、ゲストも和装で参列してもよいのでしょうか。神前式にふさわしい服装や参列のときに知っておきたいマナーをそれぞれご紹介します。

神前結婚式でゲストが気をつけておくこと

神前式の参列マナー© iStock.com/Oleh_photographer

神前式はチャペル式の洋風な結婚式よりフォーマル度が高くなります。そのため、カジュアルな装いは避けておく必要があります。また、神前式では花嫁行列と言われる参進の儀でゲストもいっしょに神殿まで歩くので、足元や荷物は邪魔にならないように気を配るほうがよいでしょう。神前式といえば新郎新婦は和装なので、参列するゲストも和装がよいのではないかと考える方もいると思います。ゲストの服装は和装、洋装どちらでも大丈夫です。では、具体的にどんな服装がふさわしいか見ていきましょう。

神前結婚式のゲストの服装

和装

神前式で和装を着ようと考えたとき、未婚の女性であれば振袖は華やかに見えおすすめです。ただ、成人式に着た振袖であまりにも派手な色柄や、花嫁の色打掛や引き振袖と被るような色味は避けましょう。訪問着や色留袖は未婚・既婚を問わない誰でも着ることができる着物です。落ち着いた女性らしい印象になる和装が豊富に揃います。

柔らかい色味の訪問着で結婚式に華を添えて

上品なオレンジカラーの淡い色は女性らしさもあり、柔らかな印象に。

寒色系×クリームイエローの落ち着いた配色で品よく見せて

色物の和装を選ぶときは上品に見えるカラーチョイスを。帯にはイエロー系を使ってお祝いの席に華やかに見えるようなコントラストにして。

神前式のお祝いに明るい色の和装を選んで

結婚式のお祝いを和装で表現できるような色選びも大切。淡い明るめのトーンで選ぶのがおすすめです。

洋装

神前式では新郎新婦はもちろん親族も格式の高い着物での参列が多いもの。フォーマルを意識して露出度を控えた服装にしましょう。ノースリーブなど袖がないデザインのときにはボレロやストールは必須に。もしくはジャケットなど上着を羽織ります。

カラードレスはシックに決めて

神前式は厳かな結婚式。落ち着いたフォーマル感をだすためにドレスの着丈もこだわって。ミモレ丈のスカートや少し長めにデザインされた袖丈は大人の女性を引き立たせます。

繊細なレース使いはベーシックカラーのドレスに取り入れて

レース使いは結婚式のお呼ばれドレスではマストアイテム。首元のハイネックのデザインが上品に見せるポイントに。凛とした印象に見えるネイビーカラーを選んで。

ブラックドレスは抜け感がでるデザインを選んで

袖の透け感が軽やかさをだしてくれるドレス。黒ずくめにならないように、アクセサリーやバッグで華やかさを取り入れて。

神前結婚式で気をつけておきたい参列のマナー

神前式の参列マナー© iStock.com/Deagreez

靴を脱ぐことがある

教会式と違い神前式では靴を脱いで神殿にあがる機会があります。素足自体は結婚式参列の服装マナーでNGですが、靴で見えないからと古いストッキングや足裏が汚れたものを履かないように

しましょう。

大きな荷物を持ち込まない

神社にはホテルや結婚式場のようにクロークやコインロッカーがないことがほとんどです。神前式では参列したゲストが参加する儀式がいくつかあり、大きな荷物を持っていると動きにくくなります。小さなバッグに収めておき、スマートにした状態で参列しましょう。

挙式中に私語はしない

神前式に参列経験が少ないことから、所作がわからずに戸惑う場面が多いかもしれません。つい、周りの友人と話したくなるかもしれませんが、神聖な神前式では私語は厳禁になります。新郎新婦の門出を見届けるという気持ちを忘れずに参列しましょう。

遅刻による途中参加はできない

神前式は教会式とは違い、参進のような参列したゲストが新郎新婦といっしょに神殿へ向かう儀式があります。特に式が始まる直前には結婚式の関係者から進行の説明もあります。余裕を持っておくことがマナーとして大切です。式の始まる20~30分前には控室に入れるようにしましょう。

写真撮影は基本NGに

神前式がおこなわれる神殿は神聖な場になります。神殿の中の写真撮影は神社と契約している専属カメラマンだけが撮影を許可されることが多いです。また、参進に参列しているゲストが写真を撮ることもNGに。控室や神前式終了後に新郎新婦との記念撮影はおこなうことができます。

神前式に参列するときの服装やマナーを知って新郎新婦をお祝いをしよう

神前式はチャペル式の洋風な結婚式と比べ、より厳かになりフォーマル度が高くなります。最近は結婚式のスタイルによってはカジュアルな服装もお呼ばれ服として選ばれることもありますが、神前式は日本の伝統的な結婚式でもあります。服装には十分気を配っておきましょう。服装は和装、洋装どちらでもOKに。和装であれば、女性らしく落ち着いた印象の訪問着や色留袖もおすすめです。洋装であればドレスやワンピースですが、露出のあるものは避け、花嫁より目立たないような服装にしましょう。マナーを守りつつ、結婚式に華を添える服装で参列してくださいね。

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す