【冬の結婚式】徹底解説!費用や演出、不安解消できる情報も

[公開日]2019.10.03

冬の結婚式イメージ© iStock.com/meatbull

結婚式業界では12月・1月・2月は結婚式を行うカップルの少ない、オフシーズンとなります。そのため、お得なプランがあったり、特典が多かったりします。好きな結婚式場を予約しやすい上、費用も抑えられ、オプションも盛りだくさんなら嬉しくないですか?ただし、冬の結婚式が他の季節よりも人気が少ないのには、理由があります。この記事で冬の結婚式のメリット・デメリットを見ていきましょう。

冬の結婚式は迷惑!?冬婚のメリット・デメリット

家族婚などの場合は、家族みんなが集まりやすい年末年始をあえて選ぶカップルも。冬の結婚式にはメリットもあれば、デメリットもあります。順番に見ていきましょう。

冬婚のメリット

・晴れる可能性が高い
・費用が抑えられる
・会場によっては特典が豊富
・白ドレスが映える季節
・年末年始は遠方の方も帰省をしているので参加しやすい
・1月・2月はゲストのホテルが予約しやすい

冬の結婚式の大きなメリットはやはり、費用や特典の面ではないでしょうか。また、雪国以外では晴天率は高く、他の季節よりもお天気は安心できます。

冬婚のデメリット

・外での移動や写真撮影が寒い
・ゲストが服装に困る
・雪で交通ダイヤが乱れる
・忘年会やクリスマスと重なる
・12月は忙しい&出費が重なる
・12月はゲストのホテルが予約しにくい

冬の結婚式で一番心配なのが「ゲスト」に関しての部分だと思います。年末年始は仕事が忙しい人も多く、寒さの面でも心配です。また、体調を崩す方も多いので、インフルエンザによる急な欠席も予想されます。ゲストへの最大限の配慮が必要となってきます、不安な点は慣れているプランナーさんに相談をすると良いですよ♪

冬の結婚式の費用は安い?

冬のほうが費用が安かったり、お得な特典がついていたりすることが多いです。例えばある会場の料金を例にあげて説明します。

時期別パッケージプラン金額例/ゲスト60名(9月時点)

・平日プラン:186万円
・年内12月~翌年2月:193万円
・翌年3月~5月:234万円
・翌年6月~8月:234万円
・翌年9月~11月:245万円

検索した時期(9月)が冬の直近だったので、直近割引も加えられている可能性もありますが、他の季節と比較して安いことがわかります。

冬の結婚式にぴったりの装飾

冬らしさを引き出した装飾をご紹介。

会場の装飾

冬のイメージと言えば「イルミネーション」。結婚式会場をイルミネーションで装飾をすることで、季節感を高めつつ、華やかさが出せます。

会場の装飾© iStock.com/Vladimir Mironov

テーブルコーディネート

温かみのある暖色系装飾も良いですし、冬らしいブルーなどの寒色系装飾も良いですね。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

A.Kobayashi / UI FLORISTさん(@luckandji)がシェアした投稿

冬にぴったりなブーケ

冬のお花といえば「ポインセチア」。大きなポインセチアを使用したブーケで冬らしさを。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

weddingbouquet.jpさん(@weddingbouquet.jp)がシェアした投稿

冬の結婚式にぴったりの演出

冬の結婚式はホットアイテムの出番!おすすめの演出をご紹介します。

ホットドリンクの提供

寒い外から室内に入った際に飲むウエルカムドリンクに、ホットを加えるだけでも好印象♪ホットココアやホットワインが、冬の結婚式にはおすすめ。

ホットドリンクの提供イメージ© iStock.com/Lilechka75

スープの提供

ウエルカムドリンクならぬ、「ウエルカムスープ」は冬の結婚式に一押しの演出!

スープの提供イメージ© iStock.com/flyingv43

カイロギフト

受付でゲストが自由にとれるように、カイロを準備してあげましょう。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

komugiさん(@wedding_junbi_wo_nosete_iku)がシェアした投稿

ブランケット

会場が用意をしてくれる場合もありますが、もしなければ、自分たちで女性ゲストのためにブランケットを用意すると良いですよ。

ブランケット© iStock.com/NAKphotos

フェザーシャワー

結婚式定番のフラワーシャワーを冬仕様に。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

akiさん(@aki.wed0407)がシェアした投稿

 

冬の結婚式と言えばクリスマスウエディング

クリスマスはプロポーズの多いイベント。クリスマスにプロポーズを行ったカップルが、その日に結婚式を行うのも珍しくはありません。しかし、クリスマスはゲストにとって「家族と過ごしたい時間」になります。家族や友人などの意見を聞いてから決めるのが良いでしょう。少し日程をずらすだけでも、ゲストが参加しやすくなりますよ♪

実際にクリスマスウエディングを行う場合は、クリスマスならではの素敵な演出が沢山できます。その一部をご紹介します。

お色直しはサンタさん

新婦の赤いドレスと新郎のサンタさん姿で、会場も盛り上がります。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

aya🔐さん(@ayaya_coordinate)がシェアした投稿

高砂

クリスマスツリーと沢山のプレゼントで写真映えもばっちり!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

中野莉那 Rina Nakanoさん(@rina_nkn)がシェアした投稿

ペーパーアイテム

細部にまでこだわって、クリスマス感を出すのがおすすめ♪

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

アラースさん(@arars.staff)がシェアした投稿

2月ならバレンタインウエディング

2月に行うバレンタインウエディングってなんともロマンティック♪せっかくなら、この時期にしかできない演出をしたいですよね!バレンタインと言えば「チョコレート」。結婚式の演出で取り入れるカップルも多いですよ。また、花嫁さんのお色直しは、パッション溢れる「赤」も素敵です。

おすすめのプチギフト

赤のハートはバレンタインらしくておすすめ。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

☆mako☆rubantulleさん(@rubantulle_wedding)がシェアした投稿

テーブル装飾

バレンタインカラーのブラウンや赤のテーブルクロスが人気です♪

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

フローリストさくらさん(@florist_sakura)がシェアした投稿

ブーケ

「愛」溢れるハートのブーケはバレンタインウエディングにぴったり。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

岡田晴美さん(@haru878san)がシェアした投稿

冬の結婚式でのみんなの不安を解消♪

冬の結婚式© iStock.com/annie_zhak

冬の結婚式って何かと不安がありますよね。みんなが良く感じる不安をここで解消しましょう!

冬の結婚式はゲストの迷惑?

インターネットで検索をすると目に付く「迷惑」という文字。これを見ると不安になりますよね。確かに冬の結婚式にはデメリットが多いです。ただし、どの季節の結婚式でもデメリットはありますし、どの季節の結婚式でもインターネットで検索をすると、不安になる書き込みはあります。あまり気にしないようにしましょう。

冬の結婚式は化粧崩れの心配がないし、防寒対策で寒さはしのげます。室内は温かいし、移動時も温かいし、案外寒いと感じる時間は数分程度です。ゲストが参加をしやすい「日程」さえしっかり選べば、なんの心配もありません。

寒さ対策は大丈夫?

会場はウエディングドレスの花嫁さんに合わせた、温度設定となっています。なので、ゲストは半袖でも過ごしやすい場合がほとんど。しかし、花嫁さんの中には肩の露出は寒い!という冷え性さんも。外の移動や外での写真撮影がある場合は、ウエディングドレスの中にカイロを貼る花嫁さんもいますよ。

冬の結婚式は・・・魅力的!

冬に結婚式を挙げるカップルが少ないからこそ、冬の結婚式には特別感があります。ゲストも冬の結婚式に参列したことのある人が、少ないのではないでしょうか?ならばここはチャンス!「寒さ」というデメリット以上の素敵な演出を取り入れれば、必ず忘れられない素晴らしい結婚式になります。

寒い日にみんなで一緒に過ごす、温かな時間。ゲストに最大限の配慮さえできれば、必ず全員が満足する幸せな1日になりますよ。

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す