結婚式の前撮りのメリットやスケジュール

[公開日]2019.10.30 [最終更新日]2019.11.21

屋外で撮影をする新郎新婦© iStock.com/Erstudiostok

結婚式とは切っても切り離せないのが「写真撮影」。ですが、挙式、披露宴、そのうえ撮影となってしまうと、どうしてもスケジュールがタイトなものになってしまいます。

一度しかないウエディング、せっかくなら心に余裕をもって臨みたいですよね。そんな方におすすめなのが、前撮りです。

結婚式ではウエディングドレスだったけど、和装もしてみたい……。そんな方のニーズにもばっちり応えられる前撮り。

ここでは、前撮りに関するメリットやスケジュール、費用についてご紹介し、お二人にとって最適なプランを練る手助けとなれるような情報を提供していきます。

 
 
この投稿をInstagramで見る

いわお(@hiromi.iwao)がシェアした投稿

ドレス

鉄板はウエディングドレスですが、カラードレスを選ばれる方もいらっしゃいます。お気に入りの小物と合わせたり、思い入れのあるアクセサリーを着けて撮影するのもいいですよね。

ただ、個人的な持ち込みが禁止の場合もありますので、あらかじめスタジオに問い合わせておくことも重要です。

加えて、和装に比べて費用が安いというメリットもあります。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

dress.chocolat(@petit._chocolat)がシェアした投稿

和洋両方

結婚式と前撮りで衣装を変えるだけじゃもの足りない、やっぱりどっちの写真も残したい!という方は、思い切って両方の衣装で撮影するのも手です。

和装と洋装の切り替えがあるので準備が多少手間ですし、費用はかさんでしまいますが、完成時の満足感は格別なものになるのではないでしょうか。

前撮りにはどれくらいの費用がかかるの?

植物のクエスチョンマークと積みあがったコイン© iStock.com/bee32

撮影会場や衣装など、条件によって費用は大きく異なります。

また、オプション料金にも注意が必要です。基本プランに写真のデータやアルバムの作成が含まれておらず、やむを得ないので追加したら予算をはるかにオーバーしてしまった……。ということも十分にあり得ます。

時期によってはお得な割引プランなどもありますので、比較検討を徹底し、最適なプランを練りましょう!

スタジオフォトの場合

ロケーションフォトに比べて、価格がリーズナブルなことがほとんどです。和装なら6~8万円、洋装なら4~6万円程度が相場でしょう。

ですが、衣装や写真の枚数を増やしたりすると料金はほぼ倍増するので、費用の見通しをしっかりと立てる必要があります。

ロケーションフォトの場合

スタジオでの撮影から、料金相場が大幅にアップします。和装なら最低でも10~15万円、洋装でも10万円以上はかかると考えていいでしょう。国内での価格相場がこの金額なので、海外撮影となると費用ははるかに跳ね上がります。

金額はかかりますが、それに見合った写真が撮影できることもまた事実です。うまく折り合いをつけ、慎重に判断をすることを忘れないようにしましょう。

大切な思い出を、最高の形で!

海辺で新婦を抱き上げる新郎© iStock.com/kyonntra

お二人の結婚式は、人生で一度きりです。宝物のようなひとときを、美しいままに仕舞い込む。その手段の一つとして、前撮りは最適な方法であるといえるでしょう。

幸せなウエディングの記憶をいつまでも手元に置いておけるよう、ぜひ前撮りをご検討されてはいかがでしょうか。

人気の会場特集

1.5次会 少人数で貸切OKな会場特集
1.5次会 ゲストハウスウエディング特集
1.5次会 楽器演奏可能な会場特集
1.5次会 二次会にイチオシの会場特集
1.5次会 ナイトウエディング会場特集
         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す