結婚式をふたりだけでするメリットとデメリットとは?ふたりだけの結婚式の特徴

[公開日]2019.11.27 [最終更新日]2019.12.03

式場を歩みゆく新郎新婦© maxwellmonty – stock.adobe.com

大人数でのにぎやかな式もいいですが、ふたりだけで静かな空気の中行う結婚式もまた素敵ですよね。「結婚式はしたいけど人前に立つのは苦手」「大々的なイベントは気が引けてしまう……」。そんな悩みを抱えている方におすすめなのが、ふたりだけの結婚式なのです!

ふたりだけの結婚式って?

一般的に、結婚式は大勢でにぎやかに祝うものだというイメージがあります。ですが、人前に立ったり、大勢の人の前に姿を表すのが苦手な人もいますよね。また、親戚や知り合いの中にどうしても招待したくない人がいる、でも呼ばないと世間体が……。なんて事情をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

結婚式はしたいけど、様々な事情でそれが叶わない。そう感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、諦めるのはまだ早いです!そんな方々にぴったりな、「ふたりだけの結婚式」という手が残されています。

ふたりだけの結婚式は、文字通りお二人だけで行われます。もちろん、式の進行の関係でスタッフの方が会場に入ることもありますが、希望をすれば本当にふたりだけの空間を作ってくれる式場もあります。交友関係のしがらみに囚われず、誰にも水を差される事もなく、静かな雰囲気で結婚の喜びを噛みしめることができる挙式スタイル、それがふたりだけの結婚式なのです。

また、ゲストを招かないという特徴から、ふたりだけの結婚式はお二人が本当に望む演出や会場だけを選ぶことができます。神聖な雰囲気を味わいながら厳かに行われる式は、きっとお二人にとって一生の思い出になることでしょう。

ふたりだけの結婚式はどんなことをするの?

新婦の薬指に結婚指輪を贈る新郎© buritora – stock.adobe.com

ふたりだけの結婚式では、演出や式次第をお二人のやりたいスタイルに合わせて組み合わせることができる場合が多いです。式場によっては、お二人の意見が100%反映された進行を組み立てることが可能なところも。例えば以下のようなことができます。

  • 誓いの言葉・キス
  • 指輪交換
  • リングピロー
  • 結婚証明書へサイン
  • 司祭祝辞
  • オルガン演奏
  • フラワーシャワー

ふたりだけの結婚式なのにフラワーシャワー?と思われるかもしれませんが、こういった場合は式場スタッフが対応してくれるとのこと。時には牧師さんも参加してくれることもあるそうです!

他にも、お二人なりにやってみたいオリジナルの演出などがありましたら、プランナーの方にどんどん相談をしてみましょう。大規模な結婚式と比べて、ふたりだけの結婚式の場合は柔軟に対応してもらえる確率が高くなります。

ふたりだけの結婚式のメリット

ここまでふたりだけの結婚式についてご紹介してきましたが、具体的にはどのような、ふたりだけの結婚式のメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

費用が抑えられる

一般的な結婚式に対して、会場やゲストの規模がかなり抑えられるため、必然的に費用は安く済みます。国内で行う結婚式に限っては、一番シンプルなプランだと10万円以下で挙げられることもあるようです。予算によっては海外挙式も夢ではありません。

人目を気にせずいられる

会場内にはお二人と牧師、そして少人数の式場スタッフしかいません。そして、式の最中ずっとというわけにはいきませんが、希望をすれば本当にふたりっきりになる時間を設けることもできます。誰かの視線に長時間さらされるだけでも辛いのに、ましてや誓いのキスなんて……。という方も安心ですね。

準備期間が短い

通常の結婚式に比べ、かなり短い準備期間で式を挙げることができます。式場によって多少のズレはありますが、だいたい3カ月前もあれば大丈夫という所が多いのではないでしょうか。忙しくてなかなか打ち合わせができないというカップルにとって、かなり楽になることでしょう。

会場やプランなどが決めやすい

「ゲストのことを考えると、この会場は遠すぎるから諦めた……」「どうしてもやりたい演出があるけど、ゲストがどう感じるか不安」。

こんなお悩みも、ふたりだけの結婚式ならすべて解消することができます。誰かのことではなく、お二人の事だけを考えた結婚式が挙げられますよ。

ふたりだけの結婚式:デメリット

一見良いことばかりのように思えるふたりだけの結婚式はデメリットもあります。少々骨が折れますが、きちんと対処して気持ちよく式を挙げましょう。

親や周囲の理解が得られない

ふたりだけの結婚式のデメリットとして、親や周囲の理解を得られないかもしれないという点があります。結婚式はあくまでお二人のものなのですが、晴れ姿をどうしても見たい、なぜ大々的にやらないのかと感じてしまう方が絶対にいないとも限りません。

ですが、無理に妥協して一般的な結婚式に変更してしまうと、お二人の心に「なんであんな選択をしてしまったのだろう」という後悔がいつまでも残ってしまう可能性があります。そのため、もし反対されてしまったとしたら、毅然とした姿勢で説得する必要があります。

少し心苦しいかもしれませんが、もしふたりだけの結婚式をお二人が強く希望しているのなら、一生の思い出を壊してしまわないように力を尽くしましょう。

物足りなさを感じてしまうかも

人前だと恥ずかしいと思って選んだふたりだけの結婚式だとしても、思いの外楽しくなり、「両親ぐらいは呼べば良かったかな……」と感じてしまうことも。ふとした瞬間に寂しさがよぎる可能性もあることを視野に入れ、本当にふたりだけでいいのか判断しましょう。

後からバレて弁解が必要になることも

「どうして呼んでくれなかったの!?」と追及を受けてしまうことも、考えられなくはありません。後から弁解する羽目になった時のために、うまい言い訳を一つ二つ用意しておきましょう。

できない演出がある可能性

会場の規模や設備によっては、希望通りの演出ができない場合があります。アレンジの幅が広いとはいえ、ある程度の妥協が必要になることも十分覚悟しておきましょう!

ふたりだけの結婚式が選ばれている理由

二人きりのガーデンウエディング© Wedding-Photo – stock.adobe.com

従来では一般的ではありませんでしたが、ふたりだけの結婚式という選択をするカップルが徐々に増えてきています。その理由は、結婚式が「家族や周囲の人々のためのもの」から「ふたりのもの」という考え方へと変化してきているからと考えられます。

近代以前、つまり明治、大正、昭和時代初期以前の結婚は、本人同士の意思ではなく、家同士の思惑が大きく関係していました。だからこそ「駆け落ち」というような言葉まで生まれたのだと思います。なので、昭和後期以降に生まれた方々にとって、駆け落ちはあまり実感の湧かない行為なのではないでしょうか。

今や結婚は家同士ではなく、本人の意思決定のもとに行われるものだという価値観が一般的になってきています。ですが、脈々と受け継がれてきた「儀式」としての結婚式は、今だ昔の価値観が根強く残っています。

この価値観が間違っているとは言い切れません。ですが、同時に強要されるべきでもありません。「家族や周囲の方々に感謝を伝えるための結婚式」も「ふたりだけで遠い未来まで愛を誓うための結婚式」も、どちらも選択可能になった今だからこそ、ふたりだけの結婚式を選ぶ方が増えてきているのではないでしょうか。

これからの人生を誓いあう儀式だからこそ、ふたりだけで結婚式を挙げたい。そんな方々にとって、ふたりだけの結婚式はぴったりだと言えるでしょう。

ふたりだけの結婚式で、忘れられない思い出を!

誰にも邪魔されない、ふたりだけの空間で挙げる結婚式。それはお二人にとって、きっと一生モノのかけがえのない思い出になります。お二人のスタイルに合った、最高の結婚式を見つけましょう!

人気の会場特集

1.5次会 少人数で貸切OKな会場特集
1.5次会 ゲストハウスウエディング特集
1.5次会 楽器演奏可能な会場特集
1.5次会 二次会にイチオシの会場特集
1.5次会 ナイトウエディング会場特集
         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す