挙式だけならふたりだけでやってみない?二人だけの挙式のメリットとは?

[公開日]2019.12.03

新郎新婦© iStock.com/west

披露宴はやらずに挙式だけ執り行おうとお考えの方、それならばいっそ二人だけで挙式をしてみるのはいかがでしょうか?
たくさんのゲストにお祝いしてもらう結婚式も素敵ですが、ふたりっきりの神聖な空間で静かに将来を誓う式もまた、思い出深いものになること間違いなしです!

挙式のみなら二人だけでもいい理由

結婚式は、ゲストを呼んでにぎやかに祝うものという印象があります。確かに、披露宴に関してはお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるという側面が大きいですが、挙式は少し意味合いが異なります。

挙式とは、夫婦が将来の誓いを立てるという儀式を指します。参列者が結婚の証人となる人前式なら話は別ですが、神前式や仏前式など神仏の前で契りを交わすタイプの挙式なら、有り体に言えばゲストの有無は関係が無いのです。

ゲストを呼びたくない事情を抱えている方や、にぎやかなのはどうにも苦手という方など、様々な理由から結婚式を挙げることをためらっている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にこそ、「二人だけの挙式」という選択肢はぴったりではないでしょうか。

二人だけの挙式はこんな人にピッタリ!

悩むカップル© iStock.com/Deagreez

二人だけで行う挙式は、どのような方に向いているのでしょうか。

人前が苦手な人

大勢のゲストの前で、自分が主役の結婚式を挙げるということを想像するだけで、目の前が暗くなるような心地になってしまうという方も。二人だけの式ならば、新郎の他には牧師と数人のスタッフしか式場にいないため、心の負担はかなり減ります。

お金や時間の確保が難しい人

費用や時間が確保しにくいという方にも、二人だけの挙式はぴったりです。例えば、すでにお子さんがいて予算もスケジュールも立てづらい、という方にとっても、二人だけの挙式は比較的手が出しやすいのではないでしょうか。

交友関係が広すぎる人

各方面に顔が広いがゆえに、招待客が増えすぎるというお悩みを抱える方も。あの人を呼ぶならあの人も呼ばなきゃ……。と考えているうちに、結局誰を呼べばいいのかわからなくなってしまったという方は、思い切って挙式を二人だけで行ってみては?

挙式を二人だけで行うメリット

今日ではまだ世間に馴染みのない二人だけの挙式ですが、そのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

準備が比較的楽

式場によって多少の差はありますが、準備期間が3カ月程度あれば式を挙げられるという利点があります。また、通常の結婚式ではゲストの事情を考慮しながら会場や日程選びをしなければなりませんが、二人だけの挙式ならばその必要はありません。

「忙しくてなかなか打ち合わせができない」「絶対にここ!という会場があるのに最寄駅から遠すぎてゲストに申し訳ない」という壁に行き当たってしまったら、ぜひ二人だけの挙式を検討してみては?

費用を抑えられる

国内で行う挙式だと、式場やプランによっては10万円以下で挙げられることも。一般的な結婚式に比べて会場の規模やゲストにかかる費用が抑えられるため、必然的に安い金額で式を挙げることができます。

予算によっては海外挙式も!

一般的な結婚式にかかる費用は、全国平均で354.9円とされています。これは挙式と披露宴を組み合わせ、ゲストを招待した場合の金額ですので、二人だけで挙式を行えばここから大幅に費用が抑えられるということになります。

予算にもよりますが、国内リゾート地のみならず海外で式を挙げることも夢ではありません。もし新婚旅行をお考えでしたら、一緒に挙式も行ってしまうという手もありますよ!

挙式を二人だけで行う際の注意点

一見良いことずくめのようにも思える二人だけの挙式ですが、一体どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。

ふと寂しさがよぎることも

人前が苦手で選んだ結果だとしても、なんとなく寂しく、物足りないとと感じてしまう可能性も。あらかじめその点もしっかりと考慮しておき、本当に二人だけでいいのかを判断しましょう。

一般的な結婚式に比べて会場を探しづらい

そこまで大きな差はありませんが、一般的な結婚式よりも少しだけ会場は見つけづらくなります。希望した式場が二人だけの挙式に対応していなかった、ということも考えられますので、あらかじめ心構えをしておくと気が楽です。

周囲の理解が得られない可能性

結婚式はあくまでお二人のものなのですが、なぜゲストを招待しないのかと疑問に思い、常識外れだと感じてしまう方がいないとも限りません。

ですが、「世間体」「常識」という言葉に押し負けて一般的な結婚式に変更してしまった時、「あのとき拒んでいれば自分たちらしい式が挙げられたのに」という後悔が残ってしまうかもしれません。なので、もし反対されてしまったとしても、根気強く相手を説得する必要があります。

もしどうしても相手が折れない時は、挙式は二人で挙げ、その後披露宴はゲストを招いて行う、という譲歩案を出すという手もあります。ただ、本当に人を呼びたくない方は無理をする必要はありませんよ。

二人だけの挙式にもさまざまパターンがある

リゾート地での結婚式© iStock.com/Zulman

「二人だけ」という特徴があるため、どんなスタイルの式にするかは新郎新婦の好みに大きく左右されます。お二人の望む、お二人らしい式を作り上げることができちゃいます!

オーソドックスに教会で

準備もしやすく、費用も抑えられるスタイルの式です。そこまで強いこだわりはないけど挙式はしたい!というタイプの方に選ばれる傾向があります。

国内外のリゾート地で

ハネムーンを兼ねたウエディングにしたいという方にぴったりのスタイルです。沖縄などの国内リゾート地から、ハワイ、ヨーロッパ、アメリカなどの新婚旅行先として人気の高い地まで、選択肢は無限大です。

フォトウエディングにしても

挙式にもあまり興味はないけど、ウエディングドレスは着たい!という方は、思い切って写真撮影のみのフォトウエディングにしてみては?チャペルでの撮影にすれば、挙式を執り行わなくても雰囲気を味わうことができちゃいますよ♪

二人だけで、二人だけの挙式を!

ご紹介してきたように、二人だけで行う挙式には優秀な点がたくさんあります。思い思いのスタイルで、一生の思い出に残る二人だけの挙式をしちゃいましょう!

人気の会場特集

1.5次会 少人数で貸切OKな会場特集
1.5次会 ゲストハウスウエディング特集
1.5次会 楽器演奏可能な会場特集
1.5次会 二次会にイチオシの会場特集
1.5次会 ナイトウエディング会場特集
         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す