スピード婚は後悔する?離婚に繋がるスピード婚の後悔の原因とは?

[公開日]2020.01.28

コーナーを攻める新郎新婦© iStock.com/maximkabb

スピード婚と聞くと、お祝いの気持ちよりも心配が勝ってしまうという方は多いのではないでしょうか。

結婚という一大イベントをあまり時間をかけないままに決めてしまうのは、確かに不安に感じられても無理はありませんよね。

では、後悔しないスピード婚をするためにはどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

どれくらいで結婚したらスピード婚になる?

「交際期間が〇ヵ月以内ならスピード婚」というように明確な基準はありません。

ですが、「ゼクシィトレンド調査2019」で1年未満で結婚した割合が5.5%だったことを考慮すると、だいたい半年未満で結婚した人がスピード婚にあたるのではないでしょうか。

中には交際0日婚というカップルもいるくらいですが、スピード婚は離婚や後悔に繋がりやすいという声もあります。

では、どのような点が原因になって、結婚したことを後悔してしまうのでしょうか。

データ参照:ゼクシィ結婚トレンド調査2019

スピード婚が後悔に繋がりやすい理由:相手のことをあまり知らないから……

かみ合わない夫婦© iStock.com/DjelicS

相手のことをよく知らないまま、フィーリングで「この人と結婚したい!」と決めてしまったために、いぜ結婚生活を始めたら価値観や金銭感覚、性格などが合わなかったというケースが後を絶ちません。

知らないところを知っていくのも面白さの一つ、というようにお互いが前向きに捉えられるのならあまり心配はいらないかもしれませんが、そうでなければ相手と合わないということに大きなストレスを感じてしまうでしょう。

スピード婚が後悔に繋がりやすい理由:義実家との付き合い

結婚相手本人のことすら把握しきれていないのに、義実家のことなどは輪をかけて分かりません。義実家がスピード婚に反感を覚えている場合はさらに、付き合いが難航してしまうことでしょう。

スピード婚が後悔に繋がりやすい理由:気持ちが冷めてしまった!

出会ってすぐに結婚を決めるくらいですから、スピード婚をした直後は二人の仲の良さはピークを迎えていることでしょう。

問題はその後です。一緒に生活をしていくうち、相手の嫌なところを知ったり、倦怠期に突入してしまう可能性が高く、そうなるとどちらからともなく結婚を後悔し始めてしまう、ということが十分に考えられます。

スピード婚が後悔に繋がりやすい理由:借金や許せない欠点が発覚

ギャンブルへGO© iStock.com/Lacheev

勢いで結婚した直後、相手の借金が発覚!ということも珍しくありません。また、ギャンブル・浪費・浮気癖があったり、怒るとすぐに暴言や暴力を振るうといった致命的な欠点が発覚することも。

生活が苦しくなったり、心をすり減らせるような毎日を送ってしまう事態になりかねませんので、そうなると「あの時早まるんじゃなかった……」と後悔してしまいそうですね。

スピード婚が後悔に繋がりやすい理由:お互いの家事能力に問題があった

両者とも実家で暮らし、ほとんど家事を手伝ったことがないというカップルが結婚した際に陥りやすいケースです。

家事は慣れなのでこなすうちに上達しますが、ただでさえ結婚という大きな変化を迎えているのに、その上不慣れな家事をしなければ生活が成り立たないとなれば、心の余裕は失われてしまうでしょう。

荒れた部屋や上手に作れなかった料理と顔を合わせながら生活していくうち、スピード婚をしてしまったことを後悔してしまいます。

スピード婚で後悔しないために

スピード婚だから絶対に後悔するというわけではありませんが、その確率が高いこともまた事実。勢いで決めてしまうぐらい気が合った相手と結婚できるというのは、運命的でとても素敵だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、その反面、スピード婚には「離婚率が高い」というリスクもあります。原因は人それぞれではありますが、突き詰めれば「相手を知らないままに結婚してしまった」という点に尽きるのではないでしょうか。

スピード婚をしたことを後悔しないためにも、短い交際期間の中で相手を深く知っておく必要があります。以下の点に気をつけつつ、結婚のタイミングについて改めて考えてみましょう。

価値観のすり合わせをある程度しておく

嫌われたくない、この人を逃したくないという思いから、気持ちを飲み込んでしまう方もいるのではないでしょうか。

ですが、自分の本心を押し隠したままスピード婚をしてしまえば、いずれ結婚生活で苦労することになりかねません。

後で大変な思いをしないためにも、「自分はこういう価値観でこんな性格だ」ということを共有しておく必要があります。

ハードルの高い作業ですが、二人の結婚を幸せなものにするためには絶対に必要だと言えるでしょう。

将来設計についての話し合いを

家を建てたり貯金をしたりという計画も大切ですが、何よりも子どもをどうするかということを話し合う必要があります。

子どもを作るのか作らないのか、作るとしたら何人にするかなどをうやむやにしたまま結婚してしまうと、後で揉め事になってしまうでしょう。

最悪離婚することにも繋がりますので、結婚を決める前にしっかりと話し合っておきましょう。

周囲のアドバイスにも耳を傾ける

結婚を決めるのは最終的に本人たちですが、決断する材料の一つとして周囲のアドバイスを聞いてみるのもいいでしょう。

多くの場合は反対されてしまうことが予想されますが、その時は「なぜ」反対するのかという点に注意することが重要です。

その理由が解決の余地のあるものならば二人で乗り越えて行くまでですし、現時点ではどうしようもない問題ならば結婚を見送る判断も必要です。

重大な隠し事がないかチェックする努力が必要

短期間で見抜くのは難しいことではありますが、逆に考えると、隠し事をチェックする努力もできないならスピード婚という選択はしない方が吉です。

できるだけの手を尽くして、結婚後に大変な思いをしないような努力をしましょう。

必ずしもスピード婚=後悔とはならない

スピードに乗る新郎新婦© iStock.com/Halfpoint

たとえスピード婚だったとしても、仲のいい夫婦はたくさんいます。反対に、じっくりお付き合いをしてからの結婚だったとしても、失敗する時はするのです。

ただ、スピード婚は後悔をする確率が高い傾向にあるため、するなら考えや覚悟の浅い結婚にならないように気をつける必要があるでしょう。

満足できる結婚にするためにも、スピード婚だからこそより慎重に考えることが重要になりますよ。

人気の会場特集

1.5次会 少人数で貸切OKな会場特集
1.5次会 ゲストハウスウエディング特集
1.5次会 楽器演奏可能な会場特集
1.5次会 二次会にイチオシの会場特集
1.5次会 ナイトウエディング会場特集
         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す