ダーズンローズってどんな演出?セレモニーでの取り入れ方やアレンジ方法

[公開日]2019.08.16 [最終更新日]2019.08.19

ダーズンローズを持つ花嫁© iStock.com/mphillips007

ダーズンローズセレモニーを知っていますか?挙式や披露宴で取り入れられることの多くなってきた人気の演出の一つ。ダーズンローズの意味や由来を知り、セレモニーのやり方や流れもご紹介します。演出のアレンジを知って、お二人のウェディングプランに加えてみてはどうでしょうか?

ダーズンローズセレモニーとは?意味や由来は

12本のバラ© iStock.com/fotofreaks

今、人前式の挙式や披露宴の演出で人気のひとつ、ダーズンローズセレモニー。19世紀前半のヨーロッパから始まったブーケ・ブートニアが由来です。プロポーズをする男性が、野に咲く花を摘んで女性に贈り、“YES”であればその花の一輪を男性の胸元に差し返してあげる、そんなロマンチックな歴史からダーズンローズセレモニーは生まれました。

ダーズンローズのはじまり

英語でdozenは1ダース(12本)。ダーズンローズは12本のバラという意味を持ちます。日本の方が考案された素敵な造語で、バラ12本にそれぞれ意味を持たせています。感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠。それら12の全てのことをあなたに誓います、という愛の言葉が込められています。バラの色に特に決まりはありません。バラ本来がそれぞれ持つ意味を載せておきますので、お二人の挙式のイメージや、ドレスの色などに合わせてみて12本を選んでみてくださいね。

『赤』愛、情熱、美
『ピンク』しとやか、上品、愛の誓い
『オレンジ』無邪気、絆、信頼
『黄色』友情、平和、愛の告白
『緑』穏やか
『白』純潔、尊敬
『紫』気品、誇り、尊敬

挙式にダーズンローズセレモニーを取り入れるには?

披露宴のバラ© iStock.com/Pears2295

12本にはこだわらない!大きな花束でのセレモニー

ゲストの人数が多くない場合は、12本にこだわらず全員から受け取る方法や、小さな花束を集めて大きな花束にするアイデアも。集めた花を両親へ贈るといった親族への感謝の表現の一つにもできますね。プランナーの方と相談しながら、ゲストの方皆さんと心温まる挙式にできるのもダーズンローズセレモニーのメリットです。

サプライズ演出の一つに

ダーズンローズセレモニーは、ゲストへ事前にお願いするのが一般的な方法ですが、サプライズ的に挙式当日にお願いする方法も。新郎が新婦に内緒でセレモニーを行って、ゲスト皆の前で再プロポーズ……というのもロマンチックですよね。

私たち、こんな演出しました!卒花アイデア紹介

ダーズンローズはバラを使うのが一般的ですが、ご自身の大好きなお花や、新郎新婦の想い出のお花や言葉で作られた方も。ここでは挙式を終えた先輩花嫁さんたちのアイデア満載のダーズンローズセレモニーをご紹介いたします。

・好きなお花に、ゲストからのメッセージを添えて

新婦の大好きな芍薬のお花に、お二人で決めた大切な12の言葉を添えて。その言葉のイメージに合うゲストに読み上げてもらうという素敵な演出です。

・ゲストに贈る12の言葉

大切なゲストに誓いたいという思いから、各ゲストへメッセージを添えたアレンジ。挙式の後は、ウェルカムスペースに1本ずつ飾り、ゲストをお出迎え。お花のタグは新郎の自作で、さらにお二人で作り上げたというおもてなし感がでますよね。

ダーズンローズセレモニーの基本的な流れ

披露宴会場© iStock.com/Coral222

ここでは、挙式でダーズンローズを取り入れる際の流れを説明します。一般的な流れを把握して、そこからお二人ならではのアレンジを加えてみてください。

ダーズンローズの主な流れ

1.12の言葉のタグをつけた12本のバラを、あらかじめ決めたゲストに渡しておく
2.セレモニーの説明
3.新郎が一本ずつゲストから受け取り入場する
4.束ねたブーケを新婦へプロポーズと共に渡す
5.新婦はブーケの中から一輪抜き取り、新郎の胸元へブートニアとして飾る

事前にお二人と親しいゲスト12人の方にバラを渡しておきましょう。新郎がゲストより12本のバラを受け取りながら入場します。その際、ゲストはバージンロード沿いに並んでおいてもらうとスムーズにいきます。

失敗しないダーズンローズセレモニー

お願いするゲストの方への説明はもちろんですが、ダーズンローズを知らないゲストの方々にも一緒に演出を楽しんでいただけることが、失敗しないコツ。セレモニーの前に、司会の方などにダーズンローズの意味や流れを説明してもらうやり方や、各テーブルに12本のバラが持つ意味やセレモニーの流れを書いたカードを用意しておく方法もあります。

協力してもらうゲストの招待状にバラの色をイメージしたふせん。素敵なアイデアですね。

セレモニーに取り入れるダーズンローズまとめ

花嫁とバラ© iStock.com/CoffeeAndMilk

ダーズンローズセレモニーは、心温まるアレンジができるゲスト参加型の演出です。お二人の想いを込めたロマンチックな演出から、親族や友人を交えたアットホームな雰囲気まで、お二人が大切にされていることを、さまざまな形で表現できます。12の言葉のタグの作成や、お願いするゲストへの連絡なども、比較的軽い負担で済むのもいいですね。お二人なりの素敵な演出で、ぜひ挙式や披露宴を盛り上げてくださいね。

         

関連するキーワード

ツイッターボタン
会場探しに
困ったら
1.5次会ウエディングのプロが親身に対応♪

1.5次会.com WEBアドバイザー

結婚式場を探す